2009年12月20日

厄年

今年もラジオで「佐野厄除け大師」のCMを耳にするようになった。

ウィキペディアによると、厄年とは「陰陽道で教宣されている、災厄が多く降りかかるとされる年齢」のことらしい。陰陽道というのはよく分らないが、厄払いは寺と神社の両方で行っているそうだ。「厄年に厄払いしないと不幸になりますよ」と根拠の無い不安を煽っておいて、「でもまだ間に合いますうちでお払いすれば災厄を回避できます今ならたった○○○○円で不幸にならなくて済むんだからあなたは実にラッキーな人だ」とビンボー人から金をまきあげる。これすなわち霊感商法と言う。

さらに厄年には「前厄」「本厄」「後厄」の3種類があって、つまり宝くじのように1等前後賞が用意されている。臆病なビンボー人が1度この「厄エリア」に足を踏み入れてしまったが最後、3年にわたって金をむしりとられ続けるという寸法。ありがたい話だ。ところで調べてみたら数えで42歳の私は、今年(2009年)が「本厄」だった。おまけに男の42歳は「大厄」と言って、ミスター・厄年、ベスト・オブ・厄年、ヤクドシ・ヤクドサー・ヤクドシストというべき人生最悪の年齢だそうである。ありがたい話だ。

むろんそんな霊感商法ごときにひるむ私ではない。寺や神社や教会などのオカルチック施設には1歩たりとも足を踏み入れないまま、何事もなく今年を終えようとしている。そこで声を大にしてビンボー人の皆様に言いたい。霊感商法の脅しに屈してはいけないと。現に今年ヤクドシストの私は災厄はおろか、病気ひとつせず平穏無事に1年を過ごすことができた。まあ良いことも無かったけどな。


posted by やきとり at 21:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キング・オブ・男厄、おめでとうございます!

前段であった「あるようでない、すべて空」って仏教で「厄」って概念自体矛盾してると思うんですけどねー。まあ、「どんな大悪人でも許される免罪符」売りの後発解釈大乗(<この命名もムカつく)仏教ならありなのか。

むしろ、サタン教徒なら喜ぶべき年ですね。今からクリスマスに浮かれるイケメンチャラ男に災厄が降りかかるようにサタンクロースにお祈りしますわ☆(仏教徒だけどっ!
Posted by DoX at 2009年12月20日 22:40
今年は、薬年だ〜!

薬‥麻薬元年‥‥

のりといい、押尾といい
Posted by 介護員 at 2009年12月20日 23:15
>DoX先生
ありがとうございます! 無事災厄も無く1年を乗り切ることが出来ました! でも自分が「大厄」だと知ったのが昨日だったんですけどねー。知らぬが仏?

親鸞の「いはんや悪人をや」ってのは宗教嫌いの私でも結構好きかも。「罪を憎んで人を憎まず」とかその通りだなあと思ったりするのですが、最近は「悪人」も「罪」も多様化・細分化されているので困ったもんです。

あとクリスマスに屋外でいちゃついてるカップルは悪人です。24日は「なまはげ」のコスプレで街に出たいと思います。聖夜にホデルでセッグスしでるわるいごはいねがー!

>介護員さん
2009年の「今年の漢字」。1位は「新」でしたが、2位は「薬」だったそうです。ワイドショー的には「政権交代」よりも、ノリピー&押尾事件に割いた時間の方が多かったでしょうな。おまわりさんは圧力に屈せず、森Jr.とか北島とかジャニーズとかジャンジャン事件化して頂きたいものです。そうすれば来年こそは「薬」で決まりです!
Posted by やきとり at 2009年12月21日 00:10
同級生が来ましたYO!

仕事を続けてきた女は42歳の男厄も降りかかると聞いたことがあります。女のくせに仕事をしてきたバチを当ててくれるわー!という、ワーキングウーマンへの呪いをひしひしと感じます。早生まれなので、来年が本厄。ガクブルw

1等前後賞とは素晴らしい表現!
使わせてもらいますwww

そうそう。やきちゃんの「厄」はロッテだとオモw
Posted by みみず at 2009年12月21日 07:58
本厄の年に日本に帰らされたわけで、それは確かに不幸でした。いろいろと。
Posted by なめぴょん at 2009年12月21日 19:48
じつはワタクシも今年本厄でした。
5月に自転車で走行中、クルマにはねられたのですが、おかげで自転車がグレードアップしました。
厄年バンザイ!!
Posted by bronks at 2009年12月21日 21:46
>みみずさん
意味分んないですね、その後付けルール。誰が決めたんだ! 仕事をやめて災厄が降りかからないなら、派遣切りされたネットカフェ難民は災厄を回避できるのでしょうか。てゆーか派遣切りされた時点で十分災厄に見舞われているし! ところでみみずさんは来年が本厄ですか。まあ何もしなくても私は平気だったので大丈夫ですよ。信じない者は救われる。あとロッテとの運命の出会いは「厄」じゃなくて「幸」ですよ!

>なめぴょんセンパイ
もしや、なめぴょんセンパイも同世代なのでしょうか。まあ「野球人」としては大先輩であることに違いありませんが。それにしても良い選手を揃えた阪神は、来季は今年のような終り方はしないでしょう。なにせ寅年だし。

>bronksさん
素晴らしい。まさに「災い転じて福となす」の好例ですな。人間死ぬ時は死ぬんで、要は気の持ちようです。そこに付け込む霊感商法に屈してはいけません。厄年ウェルカム! 厄年バンザーイ!
Posted by やきとり at 2009年12月21日 22:47
ふうーん。てことは、俺も今年そうだったんだ。たった今知りました。
Posted by 非国民 at 2009年12月22日 00:30
私も飲み屋の客に指摘されて知りました。その場では「そんなの気にしませんよーガハハハ」とか言っておきながら、帰ってから一応ネットで調べる辺りが我ながら小市民だなあ。
Posted by やきとり at 2009年12月22日 23:32
>罪を憎んで人を憎まず」とかその通りだなあと思ったりするのですが

ああっ!何気にやきちゃんいい人ぶりやがって、俺が相対的に狭量な人みたいじゃないですかっ!
俺は人こそを憎みます!小泉純一郎とその後の自民党総裁、民を偽って国を壊した張本人がのうのうと企業を後ろ盾にのさばる理不尽な世を許さない!仏罰が下るべきである!
そして、仏教を標榜し自民党に手を貸した政治宗教にも仏罰が下るべきである!

それにしても、同窓会に紛れ込んでしまったかのようなこの気まずさは何!?やきちゃんのとこには意外と同年代の方が集ってらっしゃったのね・・・しょぼぼーん
Posted by DoX at 2009年12月23日 23:21
小泉&竹中コンビと、宮内&御手洗ほか恩恵を受けた企業の幹部は逮捕すべきですな、日本破壊罪で。特に頭の悪いガキに身代を譲って、テメエはのうのうとオペラ三昧の小泉さんは重罪です。香田証生君が拉致された時、配慮も何も無く、開口一番「自衛隊は撤退させない!」と絶叫して間接的に人質を殺した罪は重い。小泉さんは人殺しなんです。派遣切りの企業トップも人殺し。人殺しがぜいたくな暮らしをしている日本は北朝鮮と同じなんですね。

確かに、意外と同世代が多くて私もビックリしてます。でもねDoX先生も含め、みなさん頭が良いし、私とは比較にならないくらい色んな物事を知っているので非常に勉強になりますのよ奥様。いやマジな話で。
Posted by やきとり at 2009年12月24日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。