2010年05月01日

会話(133)

A:政治資金規正法違反の罪に問われていた鳩山首相の元秘書に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されたね。

N:とは言え、個人献金額を水増しするために秘書が勝手にやったことだからな。

A:でも野党時代に鳩山さんは「秘書と議員は一心同体」「秘書の犯罪は議員も責任がある」と自民党議員を批判したことがあるんだよ! 責任を取るべきだ!

N:まあ最初からそう熱くなるなよ。大型連休に突入したことだしな。

A:でもGWなんてどこに行っても混雑しているから、家でゴロゴロしているに限るよ。

N:せっかくの休みなんだから、今話題のパワースポット巡りでもしたらどうだ?

A:パワースポットって何?

N:そこに行くだけでパワーがもらえる場所だよ。明治神宮にある「清正の井戸」なんて5時間待ちの大人気らしいぜ。

A:逆に5時間も行列できるパワーに驚きだよ。

N:まあブームなんてそんなもんだよ。そう言えば政界では、にわかに新党ブームだな。

A:平沼さんや与謝野さんの「たちあがれ日本」は、石原都知事が応援しているんだよね。

N:その石原さんだけど、韓国や北朝鮮から帰化した人たちを揶揄するような発言をして問題になっていたな。

A:「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか天皇家は、調べてみると多いんですな」

N:勝手にセリフを変えるなよ。

A:それにしても石原さんは事あるごとにその手の問題を起しているよね。

N:たとえば有名な「黒シール事件」な。

A:何それ?

N:1983年の衆院総選挙の時に、対立候補だった新井将敬さんの選挙ポスターに「1966年に北朝鮮から帰化」と書かれた黒いシールを貼った事件だよ。

A:「あれは秘書がやったことだ!」

N:さっきと言っていることが違うだろ! まあ確かに実際には秘書の栗原俊記だけが逮捕されて、石原さんはお咎めなしだったけどな。

A:それと「たちあがれ日本」では1人浮いている与謝野さんの暴走も止らないね。

N:テレビ番組で鳩山首相のことを「東大出身のはずなんだけど、相当に頭が悪い」「麻生さんの方が100倍も1000倍も頭がよかった」とバカにしたんだよな。

A:麻生さんも「私の内閣でも、与謝野先生には経済政策についてハンザツにアドバイスして頂いた」と大喜びだったらしいね。

N:漢字も読めない奴を「1000倍頭がいい」という与謝野さんも相当頭が悪いよな。

A:「新党改革」はどうなの?

N:あれは「改革クラブ」に舛添さんが合流して、党名を変更しただけだよ。政党交付金狙いの数合わせだ。

A:いかにも舛添さんらしい姑息なやり方だね。

N:舛添さんの離党については、自民党内部から非難する声が続々と上がっているな。

A:厚労相時代もスタンドプレーばかりが目立って、党内では人望が無かった人だからね。

N:特に離婚した元妻の片山さつきなんて言いたい放題らしいぜ。

A:ブログに「キモい」って書かれたらしいね。舛添さんも気の毒に。

N:それは別の夫婦だろ。片山さつきは舛添さんがDV夫だったことを発言で匂わせているよな。

A:するどい前歯で噛み付いたりね。

N:どんな生き物だよ。まあ自民党も厄介払いが出来て良かったんじゃねえの。

A:一方で「美人すぎる市議」藤川ゆりさんには、参院選出馬を断られたってね。

N:いまや「自民党推薦」の肩書きなんてマイナスにしかならないし、あの女も可愛らしい顔して計算高いよな。

A:そう言えば秘書は有罪なのに、鳩山首相本人について、検察審査会は「不起訴相当」の議決を出したね。

N:だから違法献金と言っても、母親からもらった金の帳簿処理が間違っていただけの話だしな。賄賂や汚職とは違うぜ。

A:ボクみたいにちゃんと法律に則って、政治資金管理団体を迂回してパパの遺産6億円を非課税で相続すれば問題ないのにね。

N:「市民感情」的には大問題だけどな。その鳩山首相だけど、普天間基地移設問題でいよいよ苦境に立たされているな。

A:先月25日に行われた基地移設反対集会には、9万人もの沖縄県民が集まったらしいね。

N:キャンプ・シュワブ修正案という苦肉の策まで浮上しているけど、結局県内移設となれば民主党政権は完全に終りだな。

A:だから鳩山さんは徳之島で基地の一部を受け入れてもらえないかと、地元に影響力を持つ徳田虎雄さんに会いに行ったんだよね。拒否されたけど。

N:まあ仮に徳田さんが鳩山さんの提案を飲んだとしても、基地移転に猛反対する徳之島住民を動かせるとは思えないけどな。

A:徳田さんが動かせるのは目玉だけだしね。

N:不謹慎なこと言うなよ! 闘病中の徳田さんに対して失礼だろ。


posted by やきとり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。