2010年08月15日

敗戦記念日

敗戦から65年が経過して、石原慎太郎や安倍晋三のような極右政治家を要職に就けたり、頭のおかしな「市民」が日の丸を振り回しながら街で徒党を組んだり、日本人というのは相当バカな民族だということがよく分る。どんなに酷いことをやらかしても誰も何も責任を取らず、時間が経てばキレイさっぱり忘れてしまう。と、敗戦記念日について何か書こうと思ったが、宿酔いの頭では何も思い付かない。なので、2年前の「会話(78)」から一部抜粋して再掲載します。2008年の福田政権時代、靖国神社を参拝したAさんと英霊の会話でございます。

A:こんにちは。元気?

霊:元気なわけないだろ。死んでるんだから。ところでオマエ誰?

A:岸信介の孫。

霊:イヤな名前が出たなあ。あいつは戦後、A級戦犯になったんだろ。東條に聞いたけど、死刑は逃れたらしいな。あっ! オイ! 東條ちょっと売店行って「やっくんの貧乏くじ饅頭」買ってこい!

A:東條サンにそんな口利いて大丈夫なの?

霊:こっちでは俺たちの方が先輩だからな。あいつは俺らのパシリなんだよ。それと孫のオマエには悪いけど、岸信介もロクな余生を送らなかったんだろ?

A:ボクのおじいちゃんは、昭和32年から35年まで総理大臣を務めたんだよ。エッヘン。

霊:あんな人間が総理大臣? 我が愛する祖国日本は、結局あの戦争から何も学ばなかったのだなあ。

A:キミは無駄死にだったね。

霊:まったくだよ。特攻して損した。

A:ところで、そっちの暮しはどう?

霊:あれから63年も経ったからな。俺も含めて、仲間はみな後期高齢者ばかりになっちまったよ。

A:ふーん。年寄りばかりじゃ大変でしょ?

霊:身の回りの世話をしてくれる若者がいないのは何かと不便だけど、まあ仕方ないさ。

A:近いうちに自衛隊の若者が何人かそっちに行くかもしれないよ。

霊:自衛隊? ああ、新しい軍隊か。俺は軍隊は嫌いだけど、アイツらに俺と同じ目にあって欲しくないな。そうだ! オマエがこっちに来い!

A:ボク? ボクは、きょ、虚弱体質だから、や、役にたたないと思うよ。

霊:わっはっはっは。冗談だよ。

A:ビックリさせないでよ。

霊:すまんすまん。こんな場所にはもう誰も来て欲しくないよ。とにかく、俺は戦争なんてもうマッピラさ。


posted by やきとり at 09:00| Comment(10) | TrackBack(1) | 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フランスの極右ルペンが靖国参拝したそうですな。http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081401000404.html
一水会の招きで来日したというが、この男と鈴木邦男さんの主張(靖国に限らない)が一致するとは思えないんだが。
Posted by なめぴょん at 2010年08月15日 12:25
招聘した事実は鈴木さんの日記にも書いてありましたね。意地悪い見方をすれば、鈴木さんはガス抜きになっているのかなあと・・・。ただアジア諸国への「あてこすり」としか思えない靖国参拝は、鈴木さんのアイデアでは無いでしょうね。鈴木さんなら逆に止めるだろうし。でもまあ一水会もしょせん右翼団体ですから、是々非々で見るしかないですね。それにしても暑いですなー。
Posted by やきとり at 2010年08月15日 14:04
鈴木さんには一目置いていたし、今は「最高顧問」という「担ぎあげられた立場」だしなあ・・・と思ってもいたのだけど、この本人の発言には納得できません。

http://www.asahi.com/national/update/0815/TKY201008150173.html

「自国を愛することが他国の排斥につながってはならない。そのためにも愛国者が直接交流することが大切だ」

いや前半はその通りだと思います。でも、
「気に入らない人間を排斥するためには国籍を超えて連帯する」っていうのは、悪い冗談よねえ。
Posted by なめぴょん at 2010年08月15日 22:41
「国のために」とだまくらかして無駄死にさせた側に累するものがよくも毎年シャアシャアと人様に対して「したっぱ兵士が死んでくれたおかげでお国が繁栄したんだから感謝しろ」と騙ってられるものだと思いますわ奥様。だまくらかされた側に累するものはこれまたそういう「オマエが言うな」なセリフにコロっとだまくらされて喜んでるしー。

カンサンジュンが沖縄に行くのとか見てたけど、内地の、特に中央の人間の「戦争感」なんて「遠い過去の愛国の麗しいお話」なお花畑なんすよね。日本はもう戦争に参加して虐殺してるがわだっつーの。
Posted by DoX at 2010年08月15日 23:38
「靖国問題」つー高橋哲哉サンの本を読むと靖国神社とは何かってぇのがよくわかりますな。
ライト方面な方々に非常に不評ってことはきっと一面の真実を衝いてるんでしょう
Posted by ひまあ at 2010年08月16日 07:46
ちったぁマシな社説
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010081502000055.html
文中に出ている「昭和天皇・マッカーサー会見」てのを読むとヒロヒトの行為に怒髪天を衝くのでありました。・・・これって前にも書いた覚えがある様な気がするけど、ボケたので忘れたことにしておこー。
ヒロヒト・アメリカ・ジミン・カンリョー・マスコミに怒ってるヒト。美味しんぼはスキじゃないけど
http://kariyatetsu.com/nikki/1254.php
Posted by 連投ひまだ at 2010年08月16日 08:38
>なめぴょんさん
木村代表が「真の愛国主義は違う。自国を愛するとは、その前に、他国の国民がその国を愛する気持を理解し、その上で生まれるものだ」と言っていますが、来日した排外主義者のお歴々はそんな殊勝なことは考えていないでしょうね。

>DoX先生
そう言えば、菅さんも沖縄県民に「感謝」していましたね。これからは「感謝」には要注意ですわね奥様? 国民の承認を得ず、アメリカの間違った戦争に加担した小泉さんは死刑にすべきですね。あとあの馬鹿ガキもついでに死刑。いや自民党は全員死刑でいいや。

>ひまださん
「すべての宗教がこの世から消え失せますように」教の信者である私ですが、カネを集めたり政治にクチ出しさえしなければ、田舎のおばあちゃんの心の拠り所としての存在意義を認めることにやぶさかではないのですが、政治介入発言を繰り返す靖国神社はウンコですな。英霊なんかあんなウンコ神社にはいません。それぞれ故郷の空をスイスイ飛び回っていますよ。
Posted by やきとり at 2010年08月16日 09:20
8月15日なので、横浜・保土ヶ谷に英霊の墓地があるよ、というエントリーを書きました。

ウィキペディアで「英霊」をひくと、
「英霊(えいれい)とは、すぐれた働きをして死亡した人の死霊に対して敬意を込めて使う言葉。「英」はイギリスではなく「ひいでる」の意味である。

発言者の主観が多分に含まれるため、現在では政治的、思想的な論争の対象となることがある。」

とあります。「英」はイギリスではなく、と注釈するところ、ちょっと脱力な表現ですね。ただ、どこにも「日本限定」とは書いてない。南ベトナム解放戦線の英霊とか、タリバンの英霊もいるんだよなあ、と思います。

Posted by kuroneko at 2010年08月16日 10:45
病中でどこにも出かけられず暇だったんで、
XboxLiveArchadeでこんなゲームの体験版やってただよ。

http://www.xbox.com/ja-JP/games/a/ancientsofoogaxbla

平和に暮らしていた部族が、他の種族にインボーで麻薬付けにされて言われるままに自分たちの首長を幽閉してしまったために奴隷にされてしまい、惨めな生活を送っている子孫たちを救うために英霊が子孫たちの体を次々にのっとって活躍しちゃうぞーという。シュールだな。

日本がダメになったのはヤスクニ教が英霊の名を騙った祟りですよ間違いない!!
Posted by DoX at 2010年08月16日 23:27
>kuronekoさん
英霊の注釈にわざわざ「イギリスではなく」というのは蛇足というか人をバカにしているか、という感じですね。ウィキペディアなんてネット右翼が編集してるから知能レベルが相当低いのは仕方がないとして(笑)。アメリカは米霊、フランスは仏霊、インドは印霊。独霊はちょっとかわいそう。カナダは女子高生に嫌われそうです。日本は冷凍食品でしょうか?

>DoX先生
その後の具合はいかがでしょうか。まあそこはタフガ○のDoX先生のこと。元気が有り余って仕方がないと妄想しております。前に紹介してもらったヒトデマンのゲームもそうですが、最近のゲームってディズニーアニメ映画みたいにキレイですよね。やつらださんちのレースゲームも絵じゃなくて写真みたいだったし。私には難し過ぎて出来ないけど、人がやってるのを見るのは好きなんですよねー。子供の頃に行ったゲーセンとかでも。おっと最後になりましたが、お大事にー。
Posted by やきとり at 2010年08月16日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今晩は 吉永小百合です(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)
Excerpt: ○「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30
Weblog: ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!
Tracked: 2010-08-20 05:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。