2010年10月02日

ロッテ39

lotte39-4.jpg
昨日の雨がうそのような秋晴れの10月1日。マリンスタジアムはいつもと違う静かな緊張感に包まれていた。

lotte39-5.jpg
(どこでも水溜りを見ると小銭を投げ込みたくなる日本人の悲しい性)

現在同率3位の日ハムを4位に引きずり下ろして自らがクライマックスシリーズに進出するために、今日は絶対に負けられないロッテ球団様。つまり本日は勝てばCS進出、負ければ2010年終了という痺れる最終戦となった。球場全体にただよう静かな緊張感もむべなるかな。法力のこめられた「マーくん勝利の泉」も静かに水をたたえている。一見大理石風だが、触ってみたらプラスチックだった(当たり前だよ)。

lotte39-8.jpg
(すっかり涼しくなり煮込みが旨い季節になった)

雨天中止の翌日が快晴ということで、かなりの混雑が予想されたがその通りになった。昨日予約したB指定席はご破算になっていたことに昼まで気付かず、あわてて再予約しようとするとすでに内野自由席しか残っていなかった。1階席は最初からあきらめて、まっすぐ2階スタンドへ直行、何とか通路寄りの席を確保できた。カバンを置いて、さてツマミを調達に行こう。

lotte39-6.jpg
(本八幡「魂麺まつい」が経営する「ちば魂」再訪)

lotte39-7.jpg
(チャーシュー3枚、味玉1個、自家製メンマ約15切、薬味ネギ)

まずは14日に初めて食べた「ちば魂」の「おつまみチャーシュー」が良かったので、今回は「おつまみ三点セット」(400円)を試してみた。するとこれが大当り。前歯を当てるだけで噛み切れるほどやわらかいチャーシューの脂は口に入れるとスーッと溶けてしまう旨さ。パリシャキッと潔い歯応えのメンマは、噛めば噛むほど煮汁のおいしい味が出てくる。そして味玉がすばらしい。半分かじり取って咀嚼していると、まずは白身に染み込んだ煮汁の味がして、すぐにコッテリとした黄身のコクが舌全体をおおいつくし、実に官能的な旨さである。どれもこれもビールを呼ぶ。

lotte39-9.jpg
(半分残った味玉はこの後「薬味」として活躍することになるのだった)

ここで私はあることを思い付く。おもむろに煮込み(600円)のモツをつまんで、味玉の黄身になすりつけてみた。すると煮込みの味に半熟の黄身のコクが加わり、あまりの旨さに気が遠くなりかける(大げさです)。これは良いことを発明したわいとばかり、チャーシュー、メンマ、煮込みのニンジン、ダイコン、ゴボウなど、次々と黄身になすりつけて食ってみるとどれも旨い。あっという間にビールは無くなり、試合開始前だと言うのに、早くも持ち込んだ日本酒に移行せざるを得ない。

lotte39-2.jpg
(7時を過ぎる頃には3塁側までビッシリと埋った。ほぼロッテファン)

lotte39-10.jpg
(開幕投手を務めた成瀬がラストも決める。もう「つぶやきシロー」とは呼ばせない)

さて試合。今日もスタメン発表からサプライズが待っていた。4番サブロー固定には多少意見もあるが、まあ5番今江までは想定内。しかし6番DH今岡がコールされると場内がどよめいた。はーい西村先生! 福浦を外す意味が分りませーん! 誰にも解の見えない西村采配、試合の中で答えが見つかるといいのだが。そして先発は成瀬。これは誰の目にも明らかな選択であろう。しかし今季の被本塁打数は29本。両リーグ通じてもダントツのホームラン王なので、油断は禁物だ。

lotte39-11.jpg
(嫌な予感は当るもの・・・)

その成瀬の立ち上がり。先頭打者にいきなりツーベースを打たれると、何となく嫌な空気が広がる。その後は送りバントとフォアボールで、1アウト3、1塁と早くもピンチの場面。チャンスに強いT-岡田くんとベテラン北川に連続タイムリーを浴びて2点を奪われてしまう。1アウト2、1塁とピンチが続く中、キャッチャー的場が唱えた呪文で金縛りにあった打者の一輝が低めの球を完全に打ち損じる。狙い通り目の前で弾んだボールを的場がつかみ3塁へ送球フォースアウト、今江もすかさず1塁へ送球ダブルプレー。ピンチの連続を何とか2点で抑えた。まだ試合は始まったばかり。さあ逆転だ。

lotte39-12.jpg
(今日もロッテは敵失頼み・・・)

1回ウラ。先頭の西岡が倒れ清田がフォアボールを選び、1アウト1塁で井口という場面。しかしショート真正面に飛ぶゴロを打たされ万事休すかと思いきや、オリックスのショート・バイナムがあさっての方向へ送球。本来ならダブルプレーチェンジのはずが、1アウト3、2塁というチャンスとなる。次のサブローも狙ったかのようにショートゴロ、さっきのミスを挽回するぞとばかりバイナムが巧みに捕球。しかしホームに突っ込んだ清田が目に入らなかったのか、なぜか3塁へ送球。井口はアウトになるが、清田が生還して1-2。サブローもセーフで2アウト1塁。今度はオリックス側の外野応援席に嫌な空気が広がった。そして次のバッター今江が叩いた2球目は、打った瞬間それと分るレフトスタンド直撃のホームランになる。あっという間に逆転だ。今日はいつもとは違うぞ。

lotte39-13.jpg
(神様、仏様、バイナム様。なぜショートを守らせるの岡田さん?)

4回ウラ。今江凡退の後、今岡先生の2打席目が回ってくる。目にも止らぬスイングで2球目を弾き返すと、絵に描いたようなキレイなセンター前ヒットとなった。しかしここからのロッテ打線はギュン様〜大松という重量級の問題児が続くのだ。しかしここはギュン様が慎重にフォアボールを選び、1アウト2、1塁のチャンスで大松。これも2球目をセンター前へうまく弾き返して1アウト満塁かと思いきや、激走する今岡先生がそのまま3塁を蹴った! 浅い当りだったのでタイミング的には完全アウトの好返球がホームに返ってくるが、タッチしようとする捕手を巧みにかいくぐり頭からホームイン! 4-2と点差を広げた。さすがに高い野球能力と熟練の技を感じさせる、見事なヘッドスライディングである。西村先生が投げかけた難問があっさり解けた瞬間だ。コメント欄とダブるが、ここは公式映像を貼っておきたい。


(満面の笑みでガッツポーズを決める今岡先生にかつて言われたような驕りは無い)

さて2回以降の成瀬は本来の調子を取り戻し、オリックス打線を5回まで4イニング連続三者凡退で抑える。タバコを吸いに行って帰ってくると、すでにチェンジになっているというアレである(どれ?)。しかし7回オモテ、1アウト3、1塁のピンチを作ったところで、3試合連続で中継ぎに起用されたのは内くん。成瀬と同期入団で、2003年のドラフトでは内くんが1位指名、成瀬が5位指名だったそうだ。そして苦節7年、来季こそブレイクの予感がする。犠牲フライで3塁ランナーを返したのは仕方がない。4-3と1点差に迫られるも、その後は緩急ある投球で打者にタイミングを取らせず空振り三振を奪い、3試合連続で火消し大成功。

lotte39-14.jpg
(なんだか最近は顔つきまで違ってきた内くん)

そして7回ウラ。先頭の清田も試しにショートゴロを打ってみたら、またもやバイナムが送球ミスで内野安打。私がオリックスファンならば、この時点でバイナムに「死刑判決」を下しているだろう。井口は三振するがキャッチャーが後逸する隙に、清田は2塁へ進む。1アウト2塁。ここでスケコマシ顔を封印したサブローがライト前にタイムリー2ベースを放ち、清田が生還して5-3。再び2点差とする。

lotte39-15.jpg
(俺のどや顔、どや?)

さて残るは8回と9回。もちろん伊藤〜小林宏のリレーだろうと誰もが考えていたが、なんと内が8回オモテも続投。確かに内はここ2試合は素晴らしい出来だったが、CS進出が掛った大事な試合であえて「定型」を崩すのは冒険である。手に汗握って内の投球を見守る1塁側スタンド。しかし内は本物だった。走者を2人出すも8回オモテも無失点で抑えた。ただしサプライズはまだ終らない。


(最終回のマウンドに上ったのは・・・)

誰もがこう思った。9回はいつものように小林宏が閉めてくれると。しかしリリーフカーに乗って現れたのは、なんと伊藤。今季は中継ぎとしてかなりの安定感が出てきたのは確かだが、ストッパーとしての起用は初めてではないだろうか。祈りのような、うめき声のような、異様な声援に包まれるライト側スタンド。この回を抑えればCS進出が決定する。しかし伊藤は先頭打者に3ベースヒットを打たれてしまう。さらにショートゴロの間にホームインされ5-4。また1点差に詰められてしまった。それでもマリンスタジアム全体を震動させる地鳴りのような声援は止まない。続くオリックスの打者を三振、さらに代打起用された喜田剛をセカンドゴロに討ち取り試合終了。2010年はまだ終りではなかった。


(あと1球! あと1球!)

lotte39-1.jpg
(10月9日に西武ドームに行くのか? 行かないのか?)

lotte39-16.jpg
(今年最後の花火)

lotte39-17.jpg
(いつもより「大盛り」でした)

lotte39-18.jpg
(試合後レフトスタンドに向って挨拶をするオリックスの選手たち)

lotte39-19.jpg
(喜ぶ宮内FCのみなさん)


posted by やきとり at 00:08| Comment(21) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハーイ、ヨイコノ、ロッテファンノ、ミンナ、バイナムシアター、タノシンデクレタカイ?
1カイノ、エラーノアトニ、FuckダカShitッテ、サケンデイルカラ、ダイジェストデ、タシカメテネ!!
コレデモ、ウェスタンデハ、ダイカツヤクダッタンダヨ!!
ライネンハ、カブレラノ、カワリニ、ロッテト、ナルセニ、リベンジシテヤルカラ、クビヲアラッテ、マッテロヨ!!
Posted by BYE BYE BY−NUM at 2010年10月02日 15:10
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/live/2010/10/021_npball.htm?rf=on

新潟の「裏」日本シリーズがテキスト実況されています。7回まで阪神のナゾの外国人投手にパーフクトに抑え込まれた情けないロッテ球団様でしたが、8回に得意の敵失がらみで1点差に追いつきました。そして9回オモテ、TAKE−HARAが同点タイムリーを打ったところです!
Posted by やきとり at 2010年10月02日 15:44
>BY−NUM−SAN
ハーイ! SETO−YAMAです! 昨夜の接待野球ご苦労さまだったね。OREは接待野球の出来る選手が大好きだYO! でもLOTTEでは雇わないけどNA!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/team/marines/headlines/20101002-00000024-kyodo_sp-spo.html

今日も4人の投手をリストラしてやったよ。相原はせっかく1軍に上げてやったたのに使えないし、第2のサブマリンと騒がれた下敷領なんて今では「第1」の方も2軍だしな。

なにせ今のうちになるべく節約して斉藤クンの契約金を作らないといけないんだよ。青いハンカチに「18」の背番号を入れた王子グッズなんかガバガバ売れるから、十分元は取れるんだけどNA!
Posted by SETO−YAMA at 2010年10月02日 16:06
見事に裏日本選手権で優勝!!
細谷がMVPになりましたね。ムニスちゃんは代打を送られてしまい残念でした。
私も新潟詣でを考えていたのですが、コストパフォーマンスを考慮し、止めました。

瀬戸山オーナー様、シーズンが終了したと思ったら、早速粛清ですか。球団職員として再雇用は評価しますけど、浦和のスタッフも元プロが多いのでしょうね。
ハンカチ王子はまだプロの体になっていないから、あなたの黒バットを受け止められませんYO!!ん?それとも、受け止めたいのかい?このメスブタME!!
それと来年もリストラ選手をとるなら、小坂を取ってくれYO!!LINDENはNO−THANKS、DAZE!!

例のオブジェはプラ製だったんですね。金型があったのかしら?石工さんに頼んだほうが安かったかもしれません。
いよいよ次は敵地所沢ですね!!西武ドームにもおいしい煮込みがあることを祈っています。

Posted by ホーボー at 2010年10月02日 18:31
東大に負けるような王子なんていらないYO!!
ヤクルトにくれちゃいNA!!

http://www.asahi.com/sports/update/1002/TKY201010020197.html

昔、ロッテにも東大出身の小林至(だったかな?)投手がいましたが、結局鳴かず飛ばずで終わりました。
Posted by HAN−KACHI at 2010年10月02日 21:10
>ホーボーさん
マリンにもやけに長身の係員がケッコーいます。あれは人知れず野球をあきらめた元プロ選手なのでしょうか。相原がスーツ着て警備していても気付きそうにないしなあ。西武ドームはさすがに遠いので行くかどうか分りません。それに負けた時のリスクが高過ぎます。西武新宿に戻ってきて負けたウップンを晴らすかのように歌舞伎町に流れて・・・。あとリストラ選手の旨みを知ったロッテ球団様は来年もやりかねませんね。夏以降マットンや今岡先生のユニフォームを着たファンをよく見掛けるようになったし。

>HAN−KACHI−KUN
ヘーイ! SETO−YAMAだよ! YOUのベビーフェイスはORE好みだZE! 選手としての活躍よりも経済効果に期待してるYO! あと一緒にお風呂にも入ろうNE! でも東大に打ち込まれるのは、さすがに困ったもんだYO! 昔神宮に早稲田vs東大を見に行ったけど、東大応援席は客より応援団の数の方が多かったYO!
Posted by やきとり&SETO at 2010年10月02日 21:54
ファーム選手権優勝おめでとうございます。
つうかこれ見てたら感情の起伏が激しい試合でしたな。そしてアメリカンニューシネマのような呆然とする終わり方。

一軍も二軍も同じか、幸せを手放さないのはなんて難しいんだ。

尚、7回まで完全試合の投手は謎の外国人ではなく、ドラフト1位・台湾の星、蕭一傑です。
9回逆転されたのもまた台湾の(こっちはテスト生)ジェンですね。なんでかたっぽだけカナ表記やねん。

でもそうか、7回まではパーフェクトか・・・来年は・・・
あかん、またいらん夢がひとつ増えた。
Posted by なめぴょん at 2010年10月02日 23:10
おおお、これは失礼しました。実は1軍よりつながる浦和マリーンズ打線を7回パーフェクトに押さえ込むとは、ファームにいるのが不思議なくらいです。てゆうか1軍レベルのピッチャーを日本選手権で先発させるなんてズルイぞ!(笑)

まあ勝ったと言っても、こちらは幕張マリーンズ譲りの敵失頼みの得点ばかりですから、ただ運が良かっただけです。ところで写真で見ると新潟ハードオフスタジアム(?)ちゅうのはキレイな野球場ですね。
Posted by やきとり at 2010年10月03日 11:29
CS進出おめでとうございます。
そしてさらに、ファーム選手権でも日本一。心よりお祝いを申し上げます。





Posted by something at 2010年10月03日 12:32
>西武新宿に戻ってきて

青いユニホームの人たちは池袋に行くから、大丈夫だと思うが…
Posted by とみんぐ at 2010年10月03日 16:44
>somethingさん
すんません、ご丁寧にありがとうございます。それよりもマートン様の210安打、おめでとうございます。あのヒゲがどうなっているのか近くで見てみたい・・・。

>とみんぐさん
そう言えば所沢は池袋線でしたね。じゃあ池袋東口の怪しい繁華街に流れてみようかしら・・・って、気付いたらチケット完売でした。トホホ。
Posted by やきとり at 2010年10月03日 22:48
CS進出&ファーム日本一オメでございます。さすが竹原さん、2軍だと風格が感じられますな。29・1の試合はまぁ筋書き通りと言うことで。あれで勝っちゃどれだけKYやねん。って話だし。
まだまだ続く野球シーズンですが、一足早くオフ日程に入ります。先ずは今季の反省とベストゲーム選択とチーム内MVP選出。あ、その前にドラフト戦略練らなくては・・・
ところで近鉄時代からファンだった選手がクビになってとっても悲しい。ユニまで持ってたのに。シクシク。2000本安打まであと135本なんでどっか獲ってやってくんないかなぁ
Posted by ひ at 2010年10月04日 09:10
本日、ようやく党員証が届きました。
私も氏のような白金党員に早く昇格できるように精進(何の?)を続ける決意でございます。

YUTAが登録抹消、宮崎遠征軍に参加となってしまいました。
遠征軍には外野手が3人しかいないのですが、大丈夫でしょうか?ムニスちゃんは何処に行ってしまったのでしょう?
Posted by ホーボー at 2010年10月04日 21:00
>ひまださん
ありがとうございます(あのスタメンは間違いなく接待野球です!)。ロッテ球団様のファンになって、まさか2年目でAクラス入りできるとは思いませんでした。それにしてもストーブリーグと言えどもやることはたくさんあって、油断している場合ではありませんね。私どもも早ければ来週10日にはそちら側に参りますので、ドラフト有望株などの情報をお教えくださいませ。ハンカチはいらん。

ところで堀も2000本安打まであと173本で残酷にも戦力外通告です。トライアウトを受けるそうですが41歳では難しいかなあ。

>ホーボーさん
入会おめでとうございます! これで晴れて本物の党同志となりました。もう後へは引けませんね。このところムニスちゃんの動向がずーっと心配な私です。大本営HPにいつ「契約に関するお知らせ」が出やしないか不安で夜も眠れません(寝てますけど)。でもロッテの外野は競争率が高いだけに心配なのは確かです。残ってくれると信じたい・・・。

逆にフェニックスリーグはやけに投手が多いですね。そんなもんなのでしょうか。ただ背番号「0」の男がいたので安心しました。あと竹原がケガしたら大嶺にレフトを守らせればいいか。
Posted by やきとり at 2010年10月04日 22:36
10/09 登録・抹消情報
登録.
【監督】
大沢 親分
【投手】
マサカリ 村田
【捕手】
666 森田 健作
【打者】
コアラのマーチ
抹消.
【監督】
ニシムラ
【コーチ】
ニシモト
【投手】
内(フェニックス行き)
【打者】
DAI−MATSU
Posted by 大本営 at 2010年10月09日 16:19
先ほどの大本営発表は、敵の工作活動と判明いたしました。謹んでお詫び申し上げます。
Posted by 大本営(真) at 2010年10月09日 16:34
大逆転勝利オメー♪ やきうはコワイ
Posted by ひぇー at 2010年10月09日 17:32
ヘーイ、SETO−SAN、SIKO−CHANシアター、マタ、タノシンデクレタマシタカー?
MEモ、ロングラン、ケッテイデ、ハッピーデスネー!
アシタモ、メイエンギデ、セイブドームヲ、コウフンノ、ドツボ、ジャナク、ルツボ、ニシテアゲルカラ、ライキノ、ケイヤク、ヨロシク!!
チャオ!!
Posted by SIKO−CHAN−CHAN at 2010年10月09日 17:36
>大ロッテ帝国様
内のフェニックス行きは当然でしょうな。ここに来て、4度目の正直が出てしまいました。ただしA級戦犯は西村監督&采配です。もしも成瀬から伊藤に直結していたら・・・もしも里崎がスタメン出場していたら・・・もっと早く試合が終って私が風邪をひくこともなかったのに!

>ひまださん
おありがとうございます。後半は大雨で、9回オモテ1-5の時はさすがに帰ろうかと迷っていましたが、居座っていてよかった! 日本人でよかった! わたくし丸川珠代、ライバルは三原順子です!

>SIKO−CHAN
ヘーイ、SIKOちゃん! 久しぶりだNE! SATO−DAZE! 直接対決したかったけど、俺の打順の前で代えられちゃったのは残念DAZE! SIKO−CHANの配球はすべてお見通しの俺だからNA! それでも去年のデジャヴのような、今日のYOUの炎上ぶりにTHANKS! 来季は一緒にORIXに移籍して、またバッテリーを組もうZE!
Posted by やきとり at 2010年10月09日 20:20
PVってのは雨天でもやるんですね。
お体は大事になさってください。
本当に風邪をひかないで下さいよ。

9回表に西岡がスクイズをしていたら・・・延長になることは(多分)なかったのに!!
スクイズって卑怯でもないし、簡単なプレーでもないと思うのですが、西村監督は嫌いなんですかね?
Posted by ホーボー at 2010年10月09日 20:33
3塁は岡田だったし、確かにあそこで逆転できましたね。まあ西岡ということで、監督もあえて自由に打たせたのではないでしょうか。しかし4点取返してイケイケになっていたとは言え、ちょっと雑だったかもしれませんなあ。
Posted by やきとり at 2010年10月10日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック