2010年10月28日

ハロウィン撲滅委員会千葉支部

seesaa.JPG
ヒゲとボインに気を取られていたら、seesaaの管理画面にこんな画像が現れた。ご存知のようにハロウィン撲滅委員会千葉支部長を務める私だが、今日もスーパーの野菜売り場に整然と積んであったカボチャの山を崩してきたばかりだというのに、あろうことか敵はすぐ近くまで忍び寄っていたのだ。おのれこしゃくなハロウィンめ。ノーモア・クリスマス! ノーモア・バレンタイン! ノーモア・ハロウィン! 何が「トリック・アンド・トリート」だ! 子供のくせに生意気だ! せいようかぶれの仮装しで、おがしをあづめでまわる、わるいごはいねがーっ!


posted by やきとり at 23:52| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もはや言い尽くしてきたので、特にコメントは無いのでありますが、「ハロウィン撲滅委員会愛媛支部支部長」として連帯コメントを残しておきます。

何がハッピーハロウィンだ?「ハッピー」だというその根拠をレポート3枚にまとめて月曜の朝までに提出しろっ!て、外資系の外食屋に申しつけましょうか。
Posted by something at 2010年10月29日 03:00
そういえばワタシが餓鬼の頃、隣村で十五夜の晩に庭先に供えてある?餅を盗んで食っていい、という風習がありました。小学校のときに隣村に住む友人に誘われて盗みに行ったのですが、カルチャーショックでした。ちなみに餅ではなく子どもの喜びそうな菓子が置いてありました。これは和風ハロウィンといったものでしょうか?
あの長閑さは撲滅されなくてもいいかなぁ、と思います。

西洋ハロウィンといえば、土地柄、銃殺され永遠にフリーズしてしまった服部君を思い出します。

暗いコメントですんまへん。


Posted by どくた at 2010年10月29日 08:50
>something同志
ハロに対して「ハッピー」なる冠詞(?)が使われるようになったのは最近ですよね。クリスマスで言うところの「メリー」に相当するものと思われますが、なにをこしゃくなハロウィンめ。ただ今のところハロに乗っかって大々的に商品展開する特定の業界が付いていないので、定義が曖昧なのが救いです。ノーモア・クリスマス! ノーモア・バレンタイン!

>毒多さん
ほほう、そいつは珍しい風習ですね。「盗む」っていう辺りが実に温暖湿潤&純和風です。「お菓子をくれなきゃ悪さをするぞ!」などと子供が大人を脅迫する悪質なハロとは違って、なかなかの情緒があります。実はハロの晩に大量のナマハゲをアメリカ全土に送り込み、バテレンのガキ共を震撼させるのが私の夢なんです。

でも・・・ナマハゲの銃殺死体の山が出来そうです。暗いコメントですんまへん。
Posted by やきとり at 2010年10月29日 09:31
属国国民が宗主国さまの習慣に従うのは当然の責務です。これに異を唱える方々自由主義社会体制の転覆を企てるテロリストと認定され全員グァンタナモにご招待の上、悔い改める日まで連日ハードなSMプレーをご堪能していただきます。
Posted by なんきんの煮物はダイスキなひ at 2010年10月29日 11:31
んー小島功。今ウィキ見てみたら安野モヨコが姪だと知ってえらいことおどろきました。

ガキが近所回って菓子集め。
「地蔵盆」と思えばそう腹も立ちません。
しかしあちらはとりあえず線香を立てるという点でギブアンドテイクですが、こっちは脅迫して奪いとるだけ。さーすがアメリカ。
Posted by なめぴょん at 2010年10月29日 20:48
おお、なまはげですか。それはいい。それでは我がドベゴンズからはワダを派遣しましょう。あ、いかん。彼が銃殺された日にはどっかの田舎球団にズタボロにやられ名前どおりドベゴンズとイメトレ。ワダはやめといて、しょうがないから「はち丸」と「ドアラ」を特攻隊としてツッコませます。

ちょっとコメントに明るさ、いやテカリがでてきたなぁ。
いい感じだ。
Posted by どくた at 2010年10月29日 20:50
>ひまださん
なにをこしゃくな鬼畜米英め! しかし自衛隊はアメリカの軍隊だし、ナマハゲだけではどうも心許ない。かくなる上は水木しげる先生のお手をお借りして日本中の妖怪に赤紙送付だ! かくして太平洋を挟んで日米妖怪大戦争の始まりでございます。

鬼太郎、子泣きジジイ、砂かけババア、ベム、ベラ、ベロ、Q太郎と日本の妖怪&おばけ大集合! 何? ベム、ベラ、ベロが「ボクたちは妖怪なんかと一緒にされたくない」と書置きを残して逃げ出した? あっ、ドロンパは敵のスパイだぞ! 逮捕しろ!(頭だいじょうぶ?)

>なめぴょんさん
安野モヨコが小島功の姪とは驚きです。画風も芸風も正反対なのにねえ。でも一族に漫画家の血が流れているのは間違いないでしょうな(そんな大袈裟な話じゃないか)。とか言って安野モヨコのマンガは読んだことないですけどー。あとハロはそうなんですよね。クソガキが大人を脅迫するんです。あの他国へのゴーマンな態度はハロウィンの体験によって子供時代に培われた結果かもしれません。あれ? じゃあ日本にもハロウィンをが根付けば、少しはアメリカ様に「NO!」を言えるように・・・?

>毒多さん
おっとっと、こちらもフクウラ、マトバ、マーフィーと、ヒカリモノなら揃ってますぜ。それにしても経済効果の薄いカード故にテレビ中継はやらないわ、ドラフト会議を先にやられるわ、あんまりな扱いを受けている明日の決戦ですが、まあローカルに盛り上がりましょう。そちら様はセリーグ2010年の堂々たる覇者、こちらは3位のくせにズルして出場したインチキ球団。胸をお借りします・・・でも勝ちまっせ!
Posted by 焼鳥夫 at 2010年10月29日 23:00
先勝、おめでとうございます。(BSみてすたんばっていたの)
Posted by kuroneko at 2010年10月30日 21:38
おー素早いっすね。ありがとうございます。おかげさまで初戦も何とか、勢いと運だけで勝つことができました。ちなみに日本シリーズは旧ブログの方で全試合テキトー実況中継させて頂いておりますです。

http://ch10670.kitaguni.tv/
Posted by やきとり at 2010年10月30日 22:26
うわー、すげえ。ダサオが大終結してハロウィンの悪口を言ってるーwww

ハロウィン仕様の拙ブログに、おまじないを書いておきました。これでダサオさんたちも大丈夫ですYO!

ところで、NHKのおかあさんといっしょでやっていた「ぐ〜チョコランタン」って、ジャコランタンから来ているのでは?さすがは脅しに屈するNHKです。
Posted by みみず at 2010年10月31日 10:56
このようなアレなオッサンの吹き溜まりにコメントするみみずさんの勇気に乾杯!あれってジャコランタンって言うんですか。フツーに初めて知りました。酒に合いそうな名前ですが、カボチャで酒は飲めません。

ところで我が地元近くにある浦安のランドでは、今日、ハロウィンのイベントが大々的に行われているらしく、客までもがコスプレして大騒ぎしているとか。早急に普天間飛行場を浦安海岸に移転しなければ。
Posted by やきとり at 2010年10月31日 12:35
幼年時代にHalloweenイベントを過ごした方には普通なんでしょうが、オッサンになってから体験している自分にはこの習わしは妙なものです。
'昔にサンフランシスコで”変なヤツ見たさ@飲み屋”という私見では面白かったでイベントすが、それ以降は”住民”としてのこのイベントは、いやです。
一度、貧乏人(陸側)と金持ち(海側)が混じる地域に居ましたが、この日には陸側から海側へ子供を連れた親達の車渋滞(お菓子のグレードが良いから?)、普段には無い歩行者による交通規制、それと彼らが去ったあとの道路に残されたゴミの山、、、今年に行われたハリウッドのそれも同様=朝からパトカーの道路閉鎖の基に清掃車がゴミを片付ける、、、思うに古き良き時代の名残は今や全くないようです。
僕はこの日には、家の前にぶっといロウソク一本をたてて平穏な諸事を祈願してます。
昔は、あの工作に使ったカボチャをあとで食べたのでしょうが、あんな巨大なカボチャがうまい訳が、、、もったいないです。Butternutというカボチャを試した事が有りますか?日本のカボチャにはかなり負けますが結構甘くて美味しいです。
Posted by すんません遅い書き込みで at 2010年11月16日 14:45
なるほど。日本にハロウィンが普及したとして、同じトリック・オア・トリートするなら、南千住より田園調布の方が「身入り」は良いでしょうなあ。当日は我が子を連れたビンボー人の群集が、下町から東横線で大移動と。何だか、そういう意味でも罪作りなイベントですな。

とはいえ地域の断絶がどんどん増す日本社会(特に都会)には馴染まないと思います。まあせいぜい菓子屋かローソク屋が小銭をかせぐイベント止りでしょう。あと、カボチャは好きじゃないなあ。だってアレは酒のサカナにならないっしょ?
Posted by やきとり at 2010年11月16日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。