2011年06月10日

地下

2011.6.10 東京新聞「こちら特報部」より

110610-1.JPG

110610-2.JPG

前代未聞の原発震災の渦中にありながら、先月31日、「地下式原子力発電所政策推進議連」が、衆院第一議員会館のまさに「地下」会議室で発足した。記事が指摘しているように、メンバーには「菅おろし」の急先鋒議員が多いようにも見える。確かに浜岡原発を止めた菅さんを牽制する意味もあると思うが、それが全てではなく、理由のひとつに過ぎないだろう。菅内閣には原発断固推進派の与謝野さんがいる。世の中は簡単には割り切れない。ただ、鳩山由紀夫さんや松木謙公さんが名前を連ねていたことには、少なからず驚いた。

8日付の「こち特」で評論家の板垣英憲氏が、「日本の原子力政策は米国の管理下にある。日本は米国の核戦略に組み込まれており、米国の意向を無視して原発を全廃することは許されない。民主党政権だろうが、大連立になろうが、日本の原発行政は変わらない」と解説していたが、無神経極まりないタイミングでの議連立ち上げと併せ考えると、暗澹たる気分になる。それでも私は明日行われる「6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」に参加する。3.11以前は原発にほぼ無関心を決め込んでいた私自身が、将来、後悔の上塗りをしないためにもね。
posted by やきとり at 20:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 たしか、鳩山の地盤が室蘭を含み、そこの日本製鋼所とか言う製鉄所が原発用特殊鋼の世界シェアの8割だったかな、占めているみたい。この会社があることも日本が原子力”ブラックゴースト”と手が切れない大きな理由みたいですYO.鳩山はここととても関係が深いので、原発シャブ漬けで、”菊水特攻”になろうとも原発猛烈推進なんだそうな。
 ちなみに、この町は恥ン太郎の生まれた所で、戦時中は軍艦の装甲板かなんかを作っていたので、激しい空襲や艦砲射撃を食らっている。また、強制連行された植民地出身者が強制労働で多数、事故や飢えで死んでいる。死体を町外れに埋葬に行くのだが、えらく希望者が多かった。実は、餓死寸前なので「友よ、俺の中で生き、俺とともに帰ろう!」だったそうな。そのため、その砂浜は、戦後、人魂の名所としていたって真面目に語られていた由。いまでも、この街のあるお寺には彼らの遺骨が多数遺されているみたい。ノムヒョン時代?に還すという話になったけど、手続きが進まなかったのかな。

 やはり、原発が軍事と同じ直線にのっているというお話でした。
Posted by L at 2011年06月10日 20:59
参加したいですなあ。北の町から強く応援しております。
Posted by かめきち at 2011年06月10日 21:33
>Lさん
なんや発電発電いうてますけど、あやつらの本音はプルトニウムが欲しいだけですからな。鳩山はんも人の良さそうな顔して、莫大な財産以外にも、大きな負の遺産を相続してるんですな。菊水は日本酒だけにしといてもらいですわ正直。

>かめきちさん
明日は日本中で同時多発デモですYO! いやーまったく油断もスキもあったもんじゃないですね(笑)。

http://nonukes.jp/wordpress/
Posted by やきとり at 2011年06月10日 23:43
村上春樹が、「卵と壁」に続いて発言しましたね。「日本人は核にノーと言い続けるべきだった」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011061000156

この発言に、twitterじゃ「中2なみの発言」っていう批判が、脱原発派の人からも出てるのが残念。
キヨシローの「放射能はいらねえ 牛乳を飲みてえ」だって中2っちゃあ中2っす。
つうか「こんなもん手に負えまへん」ってとこじゃ小3ぐらいの物言いしかできまへんがな。

明日はめっさ雨ですが、小出さんもくるし、

とりあえずいっとけイ・マオカ
Posted by なめぴょん at 2011年06月10日 23:48
西日本は、あいにくの雨のようですね。こっちは昼頃には上がるとの予報ですが、まあどーなるか分りません。村上春樹は「あえて」中2っぽい言葉で語ったんだと思います。お得意の複雑骨折したような「比喩」を「あえて」使わず、直球ド真ん中勝負。私は素直にスゴイと思いました。

そういえばツイッターで「原発デモはエンタメかよorz 」とRTされて難しさを感じましたが、まあここは「脱原発」一点張りで行くしかないと確信しました。政局なんてどーでもいい。でもミーハーな私は政局に耳が引き寄せられる。実に難しいです(笑)。
Posted by やきとり at 2011年06月11日 00:08
やきとりさんはじめデモに参加予定のみなさま、明日もがんばりませう〜!
っで、全コース歩いて叫び続ける予定の方は、ノドあめ&飲み物携帯がオススメです。
Posted by いぬまる at 2011年06月11日 01:41
 皆様、デモお疲れ様でした。
 小生は、午前中は地元のデモに参加、20人くらいかな。ひどい雨で黄色い合羽長靴で歩きました。日立の工場の前では「子供を殺してまで金を儲けたいのか」と叫びました。
 それから新宿に行きました。行いが良いらしく雨が上がっていて、合羽が暑くて脱ぎました。
 集会で、「日本人は〜」とか根拠なきナショナルな挨拶を並べたなぞの俳優がいて、やじられて「てめえやるか」でちょっと騒然、鈴木邦男さんや本職は野戦の月?のチンドンのお姉さんが止めたんだけどなかなか収まらず、統一義勇軍の代理というやたらに肥った人やフリーター労組と管理職ユニオンの専従にして反天連他の山口素男さんやら常野雄次郎さんやらが暴れ、なかなか60〜70年代的集会ぽくなっておもしろかったですよ。
 いろいろなライブがあったのだけど、元アナーキーという人たちが東電バーニングというのをやったのだけど、30年前はパンクの紛い物という印象だったのだけど、30年続けていて本物だったんだなと驚きました。当時、本物というと、スターリン、ローザルクセンブルク、じゃがたら、町田町蔵あたりかな。あと、3回目にしてついに小熊英二さんのアジがありました。「原発は、強権無しに作ることも維持することも停めることさえ出来ず、民主主義と相容れない。再稼動を許さなければ、あと1年もすれば全ての原発が定期点検で停まり、事実上の脱原発が達成できる。がんばりましょう」という趣旨でした。
 やきとり様と合流し損ねてしまったけど、ジンタらチンドンブロックで歩きました。メンバーの関係か、外国曲ばかりでみんなで歌えないのが残念。高円寺のときは日本の古い歌謡曲とかあって楽しかったんだけど。
 で、アルタ前に集結、デモ参加者は2万人と発表。他のデモからの合流もあり、大変な賑わいでした。8時半で集会は終わったのだけど、大盛り上がりで、少しだけ先行きに希望を感じましたよ。
Posted by L at 2011年06月11日 23:36
>Lさま
詳細なレポートありがとうございます。私は新宿公園に着いたのが2時半まわっており、小熊さんのアジは聞き損ねたのでありがたいです。怪しすぎる俳優は中山一也とかいう人らしく、ウィキってみたら、ちょっと人前に出せる次元の人とは思えません(爆)。
痛いオレ烈伝自慢&「日本民族」連呼に、どなたかがヤジッて揉めていたのは見ていましたが、いろんな方が止めたり暴れたりしていたんですね。クニョニョンは、私の目の前にいたセーラー服コスのゴツい男性に声をかけ、うれしそうに写真を一緒に撮ってもらっていました(謎)。
私もジンタら+ちんどんブロックで歩きたかったんですが、なぜかたんぽぽ舎さんと終止同じブロックで・・・。アルタ前、すごい熱気でしたね。DJナントカさんも思いがけずと言っちゃ失礼だけど、踊れて良かったです。瑞穂ちゃんも来たけれど、その前の社民の議員さん、テンポよくムダのないしゃべりがさすがだと思いました。
あと、私が目撃した限りではユニオン系多数、日大全共闘(「オレたちずーっと」のサブタイトル付き)、共産党などののぼりがありました。
Posted by いぬまる at 2011年06月12日 01:36
皆様、昨日はおつかれさまでした。最初に中央公園に到着した時は「あれ? こんなもん?」という印象でしたが、気が付いたら広場はギッシリ状態。私は割と舞台近くにいたのですが、Lさんを発見できませんでした。脱原発デモに関しては「現地集合」は無理ですね(笑)。

その広場ではミニライブ、アピール、ハプニング(笑)等々ありましたが、司会の「素人の乱」の方が言ってたように、ここは「脱原発」という同じ旗の下、一致団結すべきだと思います。日の丸と労組の旗が同居するデモなんて痛快ではありませんか。

かつて原子力マフィアは、イデオロギーを巧妙に利用して反原発の声を分断してきました。ウヨクとサヨクの喧嘩は、とにかく全原発が停止した後で、また大いにやってもらいましょう。我々の共通の敵は放射能と利権まみれの推進派であります。
Posted by やきとり at 2011年06月12日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209007303

この記事へのトラックバック