2011年12月13日

仙谷

1206.JPG
ヨルダン、ベトナム、韓国、ロシアの4カ国に原発を輸出できるようにするための「原子力協定」が、先週6日の衆院本会議で可決された。民主党からの造反者は東北選出の議員を中心に12人いたが、その中に仙谷由人政調会長代行が入っていたので驚いた。この人は先月24日に訪れたベトナムで、原発輸出をおおいにアピールしてきたばかりだ。そのたった2週間後に、原子力協定に反対(退席)する意図が分らない。「ベトナム訪問は仕事やけど、個人的には原発輸出に反対や」ということか。執行部は「造反者の処分を検討」しているそうだが、政調会長代行という役職は執行部に含まれるのか。それにしても、さすがは「柳腰」だ。
posted by やきとり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240165222

この記事へのトラックバック