2011年12月26日

息子?

gypsy.jpg
GYPSY FOLK TALES/ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS(ROULETTE)/1977

ジャズの再発といえば食傷気味の大名盤ばかりと相場が決まっているが、最近は珍しい物が出るようになった。しかも1100円や999円など、ハズレ覚悟で買える価格設定もありがたい。クリスマスイブに新宿のタワレコで、ジャズ・メッセンジャーズの77年盤を衝動買い。ここ数年来、アート・ブレイキーなんてほとんど聴いてないんだけど。

まずはジャケをじっくりと鑑賞。うーん最悪だ。何も考えてない。投げやり感すら漂う。もっともその気持ちも分らないではない。名も財も成したとはいえ現役ドラマーとしてのブレイキーにとって、70年代はいわゆる暗黒時代である。ジャズといえばフリージャズかクロスオーバーが中心の時代、頑固一徹ハードバップを演奏し続けるブレイキーは完全に時代に取り残されていた。だからまったく期待せずに聴いてみたのだが、これが意外と良かった。3管が編み出すハーモニーの濁りがたまらない。

ゴロゴロガッシャーン、ガランゴロン。いきなり崖崩れみたいな御大のドラムソロから始まる。「俺にはこれしか無いけど、これが聴きたいんだろ?」と言わんばかりの、たとえばヒット1曲で何十年も食いつないでる演歌歌手のような潔さに思わず胸が熱くなる。1分半も続くドラムソロにぼちぼち飽きてきた頃、ブロードウェーミュージカルのオープニングのような華々しいテーマが炸裂する。これがド派手なメロディ。ヒトコトで言えばケバい曲である。しかし御大はお気に入りだったようで、この後バンドのメンバーが代わっても最晩年までこの曲を演奏し続けた。

ヴァレリー・ポノマレフという人はロシアから亡命したトランペッターだそうだ。ウィントン・マルサリスの立て板に水には遠く及ばないが、時々考えながら吹いている感じは人間味があって良い。そこそこ存在感もある。テナーのデヴィッド・シュニッターは、ややハスキーなトーンで滑らかにフレーズを吐き出す。個性に欠けるきらいがあるも、逆に言えば堅実な仕事ぶり。ハロルド・ランドを小粒にした味か(ランド自身が小粒か?)。ベースのデニス・アーウィンは、チンさんみたいに「俺が俺が」と前に出ることもなく(それはそれで良いんだけど)、あくまでドラムの背後で軽快なウォーキングを刻むスタイルが好ましい。

ウェイン・ショーターが書いた「ミヤコ」という究極のバラードがあるが、3曲目の「ミワコ」はブレイキーとボブ・ミンツァーの共作曲。こちらはオリエンタルな香りのするメロディを持つ、ミディアムアップのフォービート曲。タイトル曲の「ジプシー・フォーク・テールズ」は、1曲目に引き続き、ウォルター・デイビスのオリジナル。複雑なシンコペーションを持つ高速フォービート曲である。同趣向の6曲目「ロニーズ・ダイナマイト・レディ」と合せて全3曲を提供しているウォルター・デイビス。さすがにカッコ良い曲を書くなあ。

ソロイストとしては、やはりボビー・ワトソンのアルトが一番聴き応えがある。振れ幅が広いというか引出しが多様というか、耳を引き寄せる磁場を持っているし構成力も素晴らしい。そのワトソンのオリジナルが7曲目の「ホークマン」。これが小細工一切なしの、胸のすくような超高速フォービート曲。メンバー全員がソロを取り、10分超の疾走大会。ややこしい音楽も好きだけど、俺ってやっぱりフォービートが好きなんだなあと、内心苦笑い。能天気なメロディが浮いている「マリブ」はサンバ調の小品。いまさら恥ずかしくてアート・ブレイキーのCDなんか買えないよと仰るご同輩。まあそう言わずに、たまには原点回帰も良いもんですよ。全8曲、60分弱収録。


テナー以外は別メンバーの76年のライブ


【関連する記事】
posted by やきとり at 12:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レコード芸術のJAZZ版を読んでるようだ。こんな人を首にした会社氏ねばいいのに。
Posted by 介護員 at 2011年12月28日 22:25
クビっつーか小さい古本屋が潰れただけなんで、仕方なかったんですよ。
それでもまあ、おかげさまで本日再就職先が見つかりました。来年からテキトーに頑張ります!
Posted by やきとり at 2011年12月28日 22:52
あ、お仕事決まりましたか、おめでとうございます。

やきとりさんが就職できないわけは無いと勝手に楽観してましたが、それでも決まるまでは気がかりで。(笑)

どういうお仕事かは存じませんが、思う存分能力を発揮なさってください。“新自由主義思考”でw
Posted by ニケ at 2011年12月29日 08:43
そうでしたか、就職おめでとうございます。これでゆったりと正月を迎えられますね。

>来年からテキトーに頑張ります!
ブログ更新と聖地巡礼に支障をきたさぬ範囲で稼いで下さいませ。

葛南地区の皆さまにおかれましては、仕舞い込んだクリスマス飾りをも一度引張り出して、
盛大にお祝いいたしませう。
Posted by カ@去年の11月並みに目出たいなぁ at 2011年12月29日 15:44
>ニケさん
ありがとうございます! 来るべき労働の歓びに身体が打ち震えるようです! おおざっぱに言えば「物流方面」でして、20年近く古本屋一筋だった私としては、まあ一所懸命やるしかないです。それに、ブラブラしてるのはさすがに飽きました(笑)。

>河村さん
ずーっと外回り&残業まみれらしいので、のんびりテキストリームを楽しむ機会は減ると思いますが、ロッテ球団様への偏愛は来季も変わりませんYO! FCはカジュアル会員(2500円)に格下げしましたけどNE! 雨ニモマケズ、風ニモマケズ、放射能ニモマケズ、頑張ります! ありがとうございます!
Posted by やきとり at 2011年12月29日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック