2012年01月25日

動画

亀井文夫監督が1957年に制作したドキュメンタリー映画。いま見ると多分にカルトっぽい味がするが、311以降、私が初めて耳にした言葉や現象が、すでに55年前に言及されていることに驚く。内容的にはうんざりするシーンが連発するが、当時63歳の徳川夢声の乾いた語り口に救われる。まあ、たかが犬畜生に異常に感情移入する「人でなし」が増えた昨今の方が、私は気持ち悪いと思うのだが。大根だって言ってるよ。痛い! お願いです! 私をかじらないでください! 土に埋めたままにしておいてください! そうは言っても、私は遺伝子組換えDEATH-KEDO-NE! 農薬ならば、ROUND-UPをお願いしますYO!


かように人間とは業にまみれた生物である。話がそれた。ちなみに、茨城県東海村で日本初の原子炉が運転を開始したのも1957年。上掲の動画を見ると、正力さんがボタンを押した瞬間、ハリボテの発電メーターの針が、ググーッと右に振れていくのも相当カルトである。まあね原子力はカルトなんですよ。カルトの究極の目的はカネ。原子力は科学の皮を着た宗教。ところで今日のニュースによると、池田大作クンが「脱原発依存」宣言をしたそうだけど、「依存」が入ってるのが玉虫色というか赤、青、黄色というか、それでもまあ影響力は大きいだけに、ストレートに「脱原発」宣言をするなら、私、折伏されてもいいわ。マジで、マジで。


posted by やきとり at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンクをありがとう。この内容を知りませんでした。
当時から55年経った今”何を我々は学び&向上させたか”という質問に対しては、一部の人に対しての経済利益優先という行動しか見当たりそうもない、寂しいかな。アメリカでWarren Buffettとかの一部超裕福層は結構社会に前向きな行動をとるので、そこに期待?じゃ我々は何を?飲んで寝てちゃだめよね。では親方どうしますか?
Posted by 知らせないって罪? at 2012年01月29日 09:48
親方の情報を元にやらせていただきやした。でもプロトコル設定がわかりにくくしんどかったです。でも感謝。
Posted by 亀井文夫Wiki更新 at 2012年01月29日 11:53
最近は飲んで寝るだけだねー。肉体労働始めてからは特に、休日は寝てますわ。今日も渋谷でデモがあったんだけど、渋谷まで出向く気力が起きない。まあ生活に慣れたらデモくらいは行くだろうけど、テレビは通常営業らしいし、国民の意識は「原発事故は去年の出来事」になりつつありますな(もう完全になったのかな)。どうすっかねえ。あとプロトコルって何? 80年代半ば頃のジョンスコに、そういうタイトルの曲があったっけなあ。
Posted by やきとり at 2012年01月29日 20:27
はじめまして。興味深い動画をありがとうございます。またお便りします。お仕事頑張ってください。
Posted by peanutsolt at 2012年01月30日 22:30
peanutsoltさん、コメントありがとうございます。原子力マフィアがそれほど浸透していなかった「核の平和利用」初期、こういう映画を作れたんだから、ある意味ノドカな時代だったのかなあと思ったり(笑)。私はいわゆる「放射能ヒステリー」的な言論には与しませんが、もう一度同じことが起きることは絶対に防がねばならないと考えています。まあ放射能は拡散しちゃったんだし、それを吸ったり飲んだりするのはトーゼンだし、そこばかりにこだわると格差問題に行っちゃうし、ビンボー人は逃げも隠れも出来ないし、とりあえず次(の事故)はカンベンしてくれよと、かように思うわけでございます。ヒステリー化=カルト化すると、最後はもっとカネも知恵も名誉も地位もある「敵」に足をすくわれるのではないかなあと思います。変なこと言ってごめんなさい。それでも私は即全基廃止すべきだと思ってます。金持ちどものカネ勘定よりも、とにかく「次」が起きるのだけは絶対にカンベンして欲しいから。
Posted by やきとり at 2012年02月01日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック