2012年05月12日

もつカレーで飲む

m1.jpg
出先のスーパーで「もつカレー」という缶詰を見付けた。すでに「ツナとタイカレー」缶を経験した私としては、それほど動揺ぜず、「ふん、まあそういうのもあるだろね」と冷静に買うことが出来た。缶ビールを飲みながら、晩酌前のオードブル代りにつまんでみる。パッカンと開けるとプーンと漂うカレーの匂い・・・というより子供の頃に流行った「カレー消しゴム」のジャンクな匂いに近い。缶の中は、カレーの煮こごりのような物でたっぷりと満たされている。ビールをひとくち飲み、さっそく箸を缶の中にツプリと突っ込んでみると、お、いるいる。いわゆる豚のシロモツが、予想以上にたくさん入っているではないか。

m2.jpg
パクリと食うと、口中はマイルドなカレーの味で満たされる。どちらかと言えば甘口か。主役のシロモツはとても柔らかい。さんざん煮込まれ、挙句の果てはカレー漬けにされたシロモツに、もはや抵抗力や反骨精神など残っているはずもなく、口中でクニャリクニャリと身をよじらせながら、私の歯と舌のされるがままに細かく裁断されていく。食感だけで味は無い。ビールで口を洗ってから、もう一度食べる。やはりシロモツの味は感じられない。最初から最後まで、ひたすらカレーだ。豚の内臓としてのアイデンティティは消え去り、カレーの構成員の1人に成り下がっているのだ。

m3.jpg
私はカレーで酒を飲むのが苦手である。舌と鼻腔がカレーに占領されてしまうからだ。この缶詰もカレーの味そのものはマイルドだが、やはりカレーは酒のサカナには向かない。それでもビール1本、缶チューハイ1本を飲んだが、温めて飯に掛けて食った方が旨いのではないか。ところでジャケに「清水名物」とあるが、本場・清水では「もつカレー」は酒のサカナか、それとも飯のオカズなのか、果してどういう立場の食べ物なのだろう。


posted by やきとり at 09:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲食方面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カレーを酒の肴として美味しく食べるには、鯖か何かに隠し味程度に味付けして食べるのがいいかな?と想像します。てゆーか、この缶詰めはカレーが主役になりすぎですね♪
Posted by さとし@久しぶりですびばせん at 2012年05月13日 09:44
コメントありがとうございます! もっとも、久しぶりという気は、あまりしませんけど(笑)。確かにカレー風味の物であれば、酒のサカナになりますね。カレー粉は肉や魚の臭みを消す効果もあるし。あと、カレーコロッケならギリでOKかなあ。
Posted by やきとり at 2012年05月13日 09:51
カレーメロンパンで飲むレポート希望。
Posted by 非国民 at 2012年05月15日 00:31
http://www.kisyoku.info/cum.htm

ほほう、巷ではそのような物が話題になってるのですか・・・同志の脳内受信機の方が、私より感度良好ですね。BIN-BIN-DEATH-NE!
Posted by やきとり at 2012年05月15日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック