2012年07月22日

惨経抄 7月21日

いまどきのおしゃれな文化人になるためにはどうすればいいのだろうか。若いときに身寄りのない女を集団レイプして殺して海に捨てる小説を書いて人気者になり、西新宿の高層ビルでふんぞりかえる。なぜか都税で大好きな尖閣を買って、都民の意見は聞かない。

 ▼国会議員を数度試したが、ライバルのポスターに「1966年に北朝鮮から帰化」というシールを貼って回る。古稀を過ぎれば流行の「五輪招致」の先頭に立って、アジ演説をぶって拍手喝采される。目立ちたいのは文化人の業だが、もう少し本業に専念しては、と望むのは古くからのファンのないものねだりだ。

 ▼いままで書いてきたのは架空の人物の話。ただ、自称作家で東京都知事の石原慎太郎さん(79)が、19日にロンドン五輪視察と称する7800万円の豪遊出張を体調不良のため(実際はインターネット等で叩かれたのが原因だが)中止すると発表した会見は、老害文化人そのものだった。

 ▼他にも彼は、「たかがマンガのために、この美しい日本の未来である非実在青少年の命を危険にさらすべきではない」とのたまった。確かに、たかがマンガである。命には代えられない、と思わずうなずきたくなる甘いささやきではあるが、「たかがマンガ」がどれだけ多くの心を救ってきたことか。

 ▼さらに「2020年五輪招致」でも4年前の「2016年五輪招致」でも、経済が20年以上も蘇(よみがえ)らず真っ暗だった日本の、どれだけの人々が怒りの涙を流したことか。大震災直後の昨年春、「津波は天罰、我欲を洗い流せ」とのたまい、どれだけの被災者の心を傷付けたかを石原センセーは知らないのだろう。

 ▼尖閣諸島の購入には野田佳彦現首相も色気を見せた。ゆがんだ愛国心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する右翼団体や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋どもに踊らされていることに産経新聞読者はそろそろ気付かれた方がいい。


元ネタはこちら
posted by やきとり at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拡散したい!
Posted by kuroneko at 2012年07月23日 07:04
核拡散で、カク核爆発! カク核爆発! カク核爆発!
ネタ拡散は、恥ずかしいのでやめてください。チ◯コを
露出する方がまだマシだ!
Posted by やきとり at 2012年07月24日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282541063

この記事へのトラックバック