2012年09月02日

レバ刺しで飲む

l4.jpg
7月からレバ刺しが食えなくなった。テレビでも大騒ぎしていたそうだが、そもそもユッケとかレバ刺しって、ごく一部のオッサンや酒飲みのための嗜好品であり、ファミリーで食うようなシロモノではなかったはずだ。さらにそもそも論で行けば、立呑屋に女子供などいなかったし、牛丼屋にファミリーはいなかった。ニューファミリーがオッサン文化を侵略し、ダサ夫が落ち着いてメシを食える唯一の空間に女子高生が土足で上がり込んできたのだ。つまりダサ夫にとっての牛丼屋と立呑屋は、尖閣や竹島なのである。意味分んねえ。

l1.jpg
と、お嘆きのダサ同志たちに朗報です。スーパーで売ってましたよ。レバ刺しを。しかも250円で。商品名は「こんにゃくのレバ刺し」。こんにゃくなのか、レバ刺しなのか、と問われれば「こんにゃくです」と答えるしかない。おまけにパッケージを開封すると、たれ、ごまの小袋はともかく、水煮状態の「レバ刺し」に相当の違和感を覚える。しかし、ざるで水切りして皿に並べてみると、色、ツヤ、表面の質感、箸でつまんだ触感など、確かにレバ刺しそのものだ。

l3.jpg
まずは添付の、しょうゆベースのたれを箸の先につけて舐めてみる。ごま油とニンニクの風味が効いているパンチのあるたれだ。かすかにレモンの酸味も感じる。そこで、おもむろに1切れをつまみ、たれにたっぷりと浸してから口に運ぶ。うむ。チュルリ、クミクミ、プリプリと愛らしく舌の上で遊ぶ様は、レバ刺しとこんにゃくのボーダーライン上にあると言えよう。そこでチカラを発揮するのがたれのパンチ力だ。ボーダーライン上にある判断保留の謎物体を、ごま油、ニンニク、レモン果汁らレバ刺しサイドの調味料が加勢することで、一気にレバ刺しの方へと引き寄せる。

l5.jpg
しかし、いまひとつ釈然としないので、たれに浸す前に匂いをかいでみた。すると、匂いは完全にこんにゃくだ。私の脳内線量計は、今度は逆にこんにゃくサイドに激しく振れ始めた。いやここは落ち着けよ、俺。しかし、ちょっと待て。これがこんにゃくだとすると、この色はかなり不気味ではないか。ケミカル、合成着色料、健康不安といった言葉が脳裏をよぎり、あわててパッケージ裏の原材料名表記を確認すると、なるほど着色料の一覧がある。ヒマ人の皆さまにおかれましては上掲の画像をクリックして、確認お願いしまーす。こちらにハンコお願いしまーす。

l6.jpg
「着色料(カロチノイド、酸化鉄、炭末)」の表示をご確認いただけましたか? じゃあここにハンコお願いしまーす。とまあ冗談はさておき、酸化鉄って、サビのことではないか。サビなんか食っても大丈夫なのかと、2秒くらい不安になったが、まあ商品化されてるんだから大丈夫なのでしょう。この後、濃厚なたれが余ったので、豆腐に掛けて食ったら旨かったです。それだけの話です。とっぴんぱらりんぴっく。
posted by やきとり at 12:15| Comment(11) | TrackBack(0) | 飲食方面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「着色料(カロチノイド、酸化鉄、炭末)」
全部、体にいいもんばっかしですぜ!
Posted by たかし at 2012年09月02日 14:51
酸化鉄って、私が作る手作り化粧品でも使います。何に使うか、ってファンデーションとかに。で、赤や黄色の酸化鉄って分かるんですが、緑の酸化鉄もあるんです。緑の鉄さびってどうやって作るんだろう?と不思議です。
Posted by とむ丸 at 2012年09月02日 20:11
>たかしさん
この濃ゆいたれは良く出来てました。こんにゃくも生レバーそっくりではありますが、そもそもオカミがレバ刺しを禁止すること自体、馬鹿らしい話ですね。環境省はむしろ原子力を禁止しろよと。

>とむ丸さん
「銅のサビ」の緑錆でしょうかね? 子供の頃は「猛毒」と教わったものですが、ウィキペディアによると「1984年8月6日には、厚生省から『緑青は無害に等しい』と発表されている」そうですが、厚労省はむしろ放射能を禁止しろよと。
Posted by やきとり at 2012年09月02日 21:43
やきとり分隊長〜〜う殿!!
自分は1週間ほどまえに食したであります。
ただ、自分が入手したものには「タレ」はついてなく、よってタレは自作でありました。
すでに焼肉屋で食ったホンモノの記憶は薄れ、つまりタレのイメージもあやふやなままに、微かな記憶のおもむくまま、ごま油のなかに塩を盛ったであります。
生レバのほうは確かに見た目はホンモノに近いものがありましたが、やはりコンニャク。血の気のなさが妙に味気なく、ダサ夫風にいけば、目の前にいるのが生身の女子ではなく生身の女子風ソフトなマネキンといったところでありましょうか!!? あ、もしや酸化鉄とは血の気を感じさせるためのものかもしれませぬが、やはり悲しきイミテーション。モノホンの女子とは違い、何の緊張感もなく、つまりダサ風味さえ出すことができずに、淡々と対峙できると言いましょうか、、、、期待しずぎたせいか虚しさばかりが、過ぎ行くは夏の淡いメモリアルとともに、、、と申しましょうか、、、
おそらく二度と対峙することはないと思われます。以上とりいそぎ報告終わります。毒多三曹でありました。
Posted by 毒多三曹 at 2012年09月03日 13:05
やきとりさんもよく行ってらっしゃる「加賀屋」の、レバ刺し。あれが食べられないのは、誠に残念です。あれほど活きのいいレバ刺しは無かったのにね。
Posted by たかし at 2012年09月03日 16:09
…あれ、蒟蒻ですぜ。
やたら塩っ辛いたれをつけて食う、赤い蒟蒻。
レバーの匂いも独特の甘味も何もないんですよ。食感ももっちりとした弾力ではなく、どちらかといえばぷりっとした弾力で。
蒟蒻なんで、たれは表面にまとわりつくだけ。かけらもしみこんでいきません。中から染み出てくることもありません。
つまり、口に入れて最初に感じるたれだけが味のすべて。

本当に、見た目以外は蒟蒻です。

安売りしてる意味をもっと考えるべきでした。
Posted by sutehun at 2012年09月06日 07:30
精進料理か?
Posted by 非国民 at 2012年09月11日 01:06
 毎日お疲れ様です。
17日は薬園台で野田やめろデモがあります。
http://uzomuzo.com/info/2323/
9月17日(月・祝)14時 イベント開催、16時 デモ出発
会場:天沼弁天池公園(船橋)
コース:天沼弁天池公園➡本町通り➡南口➡天沼弁天池公園
http://blog.livedoor.jp/tare_maaru-boshu_kimagure/archives/52079891.html
【会場案内図】敬老の日は野田KO!の日 黄色い電車連合プレゼンツ 脱原発デモin船橋!!
 お会いできると嬉しいです
Posted by L at 2012年09月14日 01:29
みなさま、放置プレイもうしわけございません! 生きるのに精一杯でブログとか構ってられませんことよ奥様? ロッテの試合は見てますけど!

>毒多兄
ごま油に塩、これ基本ですね。しかしコンニャクだとすぐにマガイモノだとバレてしまいます。なので濃ゆいタレをわざわざ添付したのでしょう。私も二度と買いません。竹島を「レバ刺し経済特区」に指定し、日韓双方が上陸し放題、焼肉レバ刺し食べ放題のテーマパークにします、というのが、やきとり総理大臣の公約でございます。

>たかしさん
加賀屋のレバ刺し! あれが私にとって一番スタンダードでした。ごま油ではなく、たっぷりのショウガとニンニクが添えられて出てくるやつ。皿の端っこのくぼみに醤油を注ぎ、ショウガとニンニクを全部投入&攪拌。あずき色の一片をジャブジャブと浸して食らう。まずはショウガとニンニクの清冽な香りと刺激で口中がパニック! めげずにくみくみと噛んでいると、すぐに生レバーの甘みと旨みが立ち上がってくる瞬間、すかさずボールを流し込めば昇天でした。

>sutehunさん
仰るとおり。こんにゃく以外のナニモノでもありませんね。一瞬、あの色にダマされそうになりましたが、よく考えればこんにゃくの色としては異常です。やはり本物にはかないませんね。めでたく竹島を「レバ刺し経済特区」に指定できたアカツキには、sutehunさんを「レバ刺し大使」として竹島にハケンします(笑)。

>同志
昔ながらの馬はサクラ、猪はボタン、鹿はモミジの伝で行けば、大久保界隈で「アズキ」が出まわって欲しいものです。

>Lさん
首位コクドに敗れるも、個人的には読売を撃退しましたよ。船橋デモは一度行かねばと思いつつ、うーむ、今回も都合が合いません。残念! 脳内でシュプレヒコールを上げます。現地船橋よりも総武線「オッパイ電車」が楽しそう・・・。
Posted by やきとり at 2012年09月14日 23:28
 こんばんは。お仕事、お疲れ様です。
 船橋デモ、行ってきましたよ。この日は薬園台でもあったのですが、私が行ったのは船橋駅周辺でした、てへ。
 オキュパイ電車に乗るために、前回は混んでいて錦糸町くらいで座ったので、始発の三鷹まで行くと小金井在住の大熊夫妻らが電車を待っていました。しかし、こういうセコイ事を思い付くと空くもので新宿くらいまで空いてましたね。ビラを配ったり、お菓子を売ったり、ひまわりの造花を配ったり、窓に模造紙貼ったりとオキュパイしていましたよ。みわぞう様と目が合うと挨拶できました。ちょっと怖い大熊さんも嬉しそうにしてくれた気がします。
 船橋に着くと、地元の方が案内、無事公園へ。途中、TPP反対のビラをもらいましたが、ホワイトハウスにメールをとか三橋貴明とか、どうも右翼系らしい。6月の解散地点でした。地元の方がコーラスの練習をしていたり、三番瀬の保護のパネル展示をしていたり。そこでお土産に海苔を買いましたよ。
 フェス(笑い)は、地元のコーラスから始まり、野田の高校の先輩の挨拶「このへんの土でも100ベクレル(kg当たり?)あり、311以前なら規制の対象。野田を許さない」があり、最後は原発巨人軍による志位和夫デモ始球式!!で締めました。
 デモの方は船橋駅周辺をぐるりと回るというもので、警官も案外うるさくないし、まあいいかなと。ただ、野田に対するデモなんだけど、DJもドラム隊もほとんど「再稼働反対!子供を守れ!原発いらない!」のコールばかりで、「野田辞めろ、野田を落とせ!!」はたまにしか言わないのは、残念でした。これでは、本場杉並から脱原発サウンドカーが来るとか、官邸前から怒りのドラム隊が来るとか、市のお祭りにねぶたが来るとか本場の阿波踊りが来るとかと同じだよ。もともとは、日隅さんの遺言の落選運動をやろうから始まったわけで。そのために船橋に応援に来たんだからさあ。「再稼働反対!」も「人事案撤回」もいいけど、田原牧式に言えば野田から「ケジメを獲る」、あんたの責任でこれだけ悪いことをしたんだから、大好きな責任を取らせてやるというという趣旨がもっと前面に出たら6月のように、よかったな、と。実際、地元で落選運動をやられるのが嫌なのは国会で言わずもがなの答弁で分かっているのだから。官邸前のワンイシューが、船橋のイシューを覆ってしまったと。銀座で上関原発建設反対デモをやった時も、同じことが起きていた。まだ出来ていなくても「再稼働反対!」のループ。相手のワンイシューは見ない。
 で、私のプラカードは「財界・米帝の走狗 野田を犬鍋にして喰おう!」おばちゃんたちとおっちゃんが褒めてくれたのでよかったです。
http://ameblo.jp/amamiyakarin/entry-11357587036.html
http://www.magazine9.jp/karin/120919/

あと、田原牧さんの講演です。すごくよかった。5分でも見てもらえたら。この時、ブックレットを買ったのですが、4回くらい読み返しました。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/31001
では、お休みなさい。
Posted by L at 2012年09月20日 23:15
私が憧れのアパホテルの部屋でウットリしていた時に、お疲れさまでした!

三橋貴明は2ch出身の経済評論家ですね。文化放送の岩上さんと同じ帯番組でレギュラーを持ったので、それなりに人気あるのでしょう。もちろん官僚の中野剛志なんかと同じ原発推進派。それはともかく民主党代表選は無風で野田再選&総選挙も先延ばしの気配。それどころか、「アメリカの走狗」であることを隠そうともしなくなりました。

いっそのことアメリカの51番目の州になった方が、合衆国政府に「毅然と」モノが言えるようになるのではないかと、半ば本気で考えてますよ。やれやれ。
Posted by やきとり at 2012年09月23日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック