2012年10月14日

ロッテ58

1008-1.jpg
2010年の優勝は現世利益なんです。

10月8日、ロッテ球団様の2012年シーズンも、今日と明日の2試合を残すのみ。すでにCS進出の可能性は断たれ、今季もBクラスが確定しているので、もはや勝敗などどーでもいい。秋晴れのマリンで飲むビールの旨さだけを求めて、ほぼ1カ月半ぶりに私は幕張大神宮にやって来た。

1008-2.jpg
久々に場外ステージに近寄ってみたが、こなつお姉さんは相変わらずの美しさでした。

幕張本郷駅でマリン直通バスに乗り込む。車内アナウンスは相変わらず唐川→荻野→大松のリレー。ただし荻野の例の「京成バスより速い荻野貴司でした」という部分がカットされていたので、ひそかに笑った。そういえば今朝、西村徳文監督の今季限りでの退任のニュースが報じられていた。民意を気にするようになるのは良いことである。刷新された野田内閣も、維新の会にならって「民意民意」と言い始めたが、いまさら何言ってんの? 民意を無視して「脱原発は無責任だ」と言い切った自民党の安倍新総裁の方が、むしろ立派である。良し悪しは別として。

1008-3.jpg
「ああやって生きたまま丸ごと味噌に漬け込むんだよ」「パパ、ぼく、やっぱり要らないや・・・」

さて、マリンで行われる最後の休日ということで、客入りも上々。これでは1F(内野自由席)の確保は無理と判断した私は、すみやかに2Fへ。おっと、その前に場外売店で、市原名物の豚旨噌焼きを買わねば。なにしろそいつを焼いている方から、当ブログに「次回お立ち寄りの際は声を掛けてくださいね」と、感動的なコメントを頂いたのだ。ぜひご挨拶をということで、見ると大行列。場所は、以前ヒイキにしていた「ジャンボ焼鳥」の屋台の隣。いつの間にか、行列が逆転している。ジャンボ焼鳥は今シーズンから50円値上げしたのと、鉄板でジュージュー言っているデカい焼鳥は実は「見せガネ」で、注文すると実際には奥の方に控えている一回り小さいのを出してくるのでガッカリするのだ。かと言って、「こっちの手前の大きいのをくれ」と言う勇気も無い。まあそんなこんなで客が離れたのだろう。

1008-4.jpg
匂いにつられて、わざわざ3塁側からお忍びで買いにくる原子力推進球団ファンの方が!

ジャンボ焼鳥は250円になったが、豚串は1本300円。確かに高い。しかし旨いのだ。甘辛い味噌ダレが焼ける香ばしい匂いが、次から次へと酒を呼ぶので困る。さらに、厚切りの豚バラ肉は時間が経つと脂がニッチャリして食えたもんじゃないが、中まで味噌がしっかり染みているせいか、まるでカンテン状に適度に締まった脂が冷めてもトロリと旨いのだ。44歳独身、家賃53000円のアパート暮らし、時給990円のフリーター、すなわち「人生三重苦」のダサ夫にとって1本300円の串焼きは繰り返すが高い。しかし、ここまでの味とクオリティーでは酒飲みとして買わざるを得ないのだ。ふー、こんだけホメれば声を掛けなかったことを許してくれますか?

1008-5.jpg
噛めば噛むほどに味が出ます。酒を呼んで仕方がないのです。

さて、使いあぐねていたFCのタダ券を「かもめの窓口」で内野自由席のチケットと交換し、Dゲートから入場すると、想像以上にたくさんの人びとが行き交っていた。揚げ物、焼鳥、おでん、ハンバーガー、やきそば、うどん、おでん、ラーメンなどの売店がズラリと並ぶコンコースには、まるで給食室のような生暖かい匂いがこもっている。1階をチェックしたがほぼ満席なので、階段をエッチラオッチラ上り、正味4階に相当する「2階自由席」へ。2階はそれほど混んでいなかったので、最上段の2席を確保できた。席が取れたら、急いで1階まで逆戻り。フードコートの煮込みをゲットしないといけない。今シーズンはまだ1度も食っていない。しかしフードコートの煮込み&焼きそばのラインも長蛇の列。それでもぜひ食いたいので、大人しく待つこと約15分。ようやく煮込みを購入して、再び4階相当の2階席に戻る。

1008-6.jpg
今シーズン最後の居酒屋「俺亭」オープンでございます!

1008-7.jpg
ケッコー入ってます。

1008-8.jpg
がんばれ渡辺! がんばれ渡辺!

1008-9.jpg
ふれっふれっ渡辺! ふれっふれっ渡辺!

1008-10.jpg
ワー! 逃げろーっ!

煮込みを半分食ったところで、持参してきたゆで卵を投入。こういうことに限っては、実にマメな私である。ちょうどナベの代わり目だったせいか(あれほど行列してから作るそばから売れて行ったのだろうね)、期待していた煮込みはいつもより味が薄く、ゆで卵持参は正解だった。黄身を溶かし込んだ煮込みの汁はコクが増し、ジュルジュルトロトロで最高に旨い。持参した紙パックの日本酒はたちまちカラになり、歩き売りの女子大生様からサワーを購入。例によって気の利いた冗談も言えず、無言でカップに注がれるサワーを監視する44歳独身の私。400円を手渡し、なんとか「ありがとう」だけ言えた。本当にダサ夫とか死ねば、世の中もっと明るくなるのにね。

1008-13.jpg
カラをむいてラップにくるんだ状態で持ってきたんだよ。

1008-11.jpg
満を持して、そいつをドボンと。

1008-12.jpg
こうなると、野球なんてどーでもいいね。

さて試合。先発の渡辺俊介は初回にいきなり連打を浴び1点を取られるも、すぐさま立ち直り6回2/3を1失点と、久々の登板にしてはケッコー良い出来。そして、2死2、1塁でまさかの降板は本人も驚いたのではないか。最後まで西村監督の謎采配は続くのであった。リリーフは2年目の南正輝。この采配もイケなかった。南は楽天の藤田にスリーベースを打たれ0-3に。8回の吉見も1点を失い落胆したところで、9回に出てきた2012年度の新人王(予定)益田がまさかの2失点。あわてて出してきた大谷も失点で、結局0-6で完敗。最後に益田と大谷を見ることが出来たのはよかったけど、こんな流れじゃ盛り上がりません。

1008-14.jpg
黎明期のプロ野球選手みたいなフォルムの大谷が大好きだ。

1008-17.jpg
おい、根元よ。オマエの「ちバット」はちゃんと膨らんでるかい?

マーくんが持っているのは、今年から登場した応援グッズ「ちバット」である。使い方は簡単。イニング途中の投手交代などゲーム中断時に、今年のマリンではラップ調の激しい音楽が掛かる。それに合わせて振り回すだけ。周りを見るとケッコーみんな持っている。ロッテ球団様のファンは原始人みたいに単純ですね。私のようなジェントルマンはこのような野蛮な行為に与しないし、「ちバット」なるグッズにも興味が湧かないのである。

1008-16a.jpg
1008-16b.jpg
1008-16c.jpg
そしてバックスクリーンには、このような映像が映し出される。

1008-18.jpg
内野応援団長も必死の応援。

1008-19.jpg
これで楽天は4位が確定。ま、どーでもいいですけどね。

1008-20.jpg
「マーくん勝利の泉」はすっかり薄汚れて近所のドブみたいになっていた。

さて、ファンクラブ会員のポイントが2500Mptほど残っている(「Mpt」とはマリーンズポイントのこと。チケットを買ったり球場内で飲食すると溜まる。まあ「μSv」みたいなもんです)。そのうち、昨年取得した1800Mptは今年度で消滅してしまうので、どうせなら何かグッズに代えたい。昨年まではチケットと交換していたが、今年はこれが最後の試合観戦。カスタマーセンターのカタログを見ながら、ちバット(CHIBAユニ仕様)と木製ピンバッジ(Marinesロゴ)をチョイス。それぞれ500Mptだ。残る800Mpt余はどうしたものかと、ぶらぶら場外を歩いていると、ピンバッジガチャが目に入った。

1008-21.jpg
今年配布されたピンバッジがランダムで入っている。

200Mptで専用メダルが1枚もらえる。キリの良いところで5枚のメダルと交換して、いそいそと小学生の行列に並ぶ44歳独身フリーター。すぐに私の番になる。ほとんどの小学生は1人1回ずつ回して、それぞれ一喜一憂ひきこもごもだが、大人の私は堂々の5回連続遊戯である。「22里崎」「1清田」「64ホワイトセル」「岡田のゴールデングラブ受賞記念」と、なかなかの成果。

1008-24.jpg
にやにやしながらレバーを回す44歳独身フリーター。そしてラスト1回は?

1008-23.jpg
これだ!

1008-22.jpg
木製ピンバッジは宮城県南三陸町の間伐材で作られている。放射脳の諸君、放射能つけちゃうぞ!

1008-26.jpg
というわけで、本年度もお疲れさまでした。
posted by やきとり at 09:30| Comment(3) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
修行の季節が終わりました。お疲れ様でした。
ロッテ球団様のファンクラブはサービスいいですなあ。
某投手のピンバッジ、まさしくラストチャンスDeathね!
Posted by なめぴょん at 2012年10月14日 17:38
最後の西村ロッテの観戦お疲れ様でした。
伊東内閣では西武のミッキーカーチスが入閣とか噂がされていますが、まあガセでしょうな。

>某投手のピンバッジ
ガチャは回す人の心でも読めるのでしょうか(笑)。
残念ですがグラ神と白チン以外は海兵隊送りですな。
Posted by ホーボー at 2012年10月15日 18:34
なめぴょんさん、ホーボーさん、今シーズンもお疲れ様でした!
秘密倶楽部(紳士の社交場)でも言いましたが、あれだけ修行を強要され、呪詛の言葉を投げ掛けていたのに、いざ終ってみると寂しいものですね。

CSとか対岸の火事みたいなもんです。特にパの「アウトコール合戦」は醜悪そのものでした。孫とコクドのファンは、人間としていかがなものか。人間としてはわたし、やきとりが最低ですけどもNE!


>なめぴょんさん
やはり、とら美一筋ウン十年のなめぴょんさんでも、ピンバッジ系(渋谷系みたいなニュアンスで)に興味があるのでしょうか? わたくし的には、小学生の列に並んだ甲斐がありましたYO! ガキの1人が清田のピンバッジはうらやましそうに見てましたが、死んでもあげませんでしたよ。

>ホーボーさん
ホーホーさんにおかれましては、堪ヘガタキヲ堪ヘ忍ヒガタキヲ忍ヒ、本年もお疲れさまでした! まあ終ってみれば、マニアックな1年だったのかもしれません。2度とノーサンキューDEATH-KEDO! それでも幸い「のりP」もクビになったことですし、イヤなことは忘れリフレッシュな気分で来季を迎えたいものです。
Posted by や(やきとり) at 2012年10月16日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296535025

この記事へのトラックバック