2013年03月09日

第二の男

chiba.jpg

来週末は千葉県知事選挙の投票日である。というわけで、このような掲示板が千葉県各所に設置されている。私も「ふーん、今回は2人だけか」と見るともなく見ていたら、実は「2」の枠が空いていることに遅まきながら気付いた。ポスターを貼る位置は、立候補を届け出た順に決まるので、2番目の誰かがいるはずなのだ。

私が確認した限りでは、すべての掲示板がこの状態(ポスター2枚だけ)である。もちろん千葉県内のすべての掲示板をチェックしたわけではないので、もしかすると鋸山ロープウェーの山頂駅に設置された掲示板には3枚のポスターが貼られているかもしれない。しかし千葉市、船橋市、市川市、松戸市で見た掲示板は、すべてこの状態である。さっそく選挙管理委員会のHPをチェックしてみた。

平成25年3月17日執行 千葉県知事選挙 立候補届出状況 (pdfファイル)

31歳、第二の男は意外と若かった。しかし謎は深まるばかり。なぜか住所が横浜の上、選挙事務所ナシ。そもそも職業の「シェアハウス経営」って何だい? ネット検索してみると、メディアの取材を拒否しているばかりか政見放送も行っておらず、徹底して秘密主義のようだ。立候補に必要最低限の情報しか明らかにしていないということ。取材選挙公報も出していない。

平成25年3月17日執行 千葉県知事選挙 選挙公報 (pdfファイル)

県知事選の供託金は300万円。没収必至で立候補した理由が分らない。なにしろ馬鹿しか住んでいない千葉県である。完全無風で森田さんが勝つ今回の選挙で、共産党系候補の票を割るためのカマセ犬を出す必要はない。金持ちの道楽か、それとも目立ちたいだけかと思えば、完全秘密主義を貫いている。ワケが分りません。まあいいや、前回の知事選で、ロンダリングした自民党のカネを使って立候補したくせに「完全無所属!」とウソをついていた森田さんだけには投票しませんがね。
posted by やきとり at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ここは一番党派を超えて共産党候補の応援を」という言い方は、わたしの感覚からいうと古っぽいので、「投票率30%を切ったら再選挙を」というキャンペーンはないかなあ、と思います。

 ところで供託金は300万円ですか。市民運動が候補を出そうにも難しいですねえ。
Posted by kuroneko at 2013年03月10日 10:50
おはようございます!「党派を超えて◯◯の旗の下に」というアレには、さんざんガッカリさせられてきたので何も期待しません。オカミが決めた事には絶対に逆らわない羊、もしくは劣等民族なのですよ。しょせんニホン人は。とまれ明日、私は三輪さんに「死に票」を投じてきます。てゆうか投票率20%切りそうなくらい、千葉県内は無風でございます。
Posted by やきとり at 2013年03月16日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343587386

この記事へのトラックバック