2013年06月30日

たまごで飲む

e1.jpg

「たまごの粕漬け」という珍味をいただく。かの越乃寒梅の酒粕を使用しているという、いわばブランド品である。ていねいに1つずつ真空パックに包まれた卵が、3個入っている。さっそくビールのサカナに食べてみようと、裏の能書きに従い、軽く表面の酒粕を洗い流してから皿にのせてみた。

e2.jpg

酒粕に長時間浸け込まれたせいか、それとも真空パックのせいだろうか、全体的にでこぼこして不恰好だ。最初は手づかみで丸齧りするつもりだったが、なにせブランド品である。その辺のゆで卵と一緒の扱いでは失礼にあたる。というわけで、一口大にカットして盛り付けてみることにした。が、つるつる滑って切りにくいことこの上ない。何とか完成したのが下の写真でございます。なに? 切り方が汚い? 嫌なら見なければいいんだ!

e3.jpg

わさび醤油を用意したが、最初は何も付けずに端っこの白身の部分を口にふくんでみる。食感は普通のゆで卵を少しだけ固くした感じ。酒粕に浸け込まれたせいで、身が締まったのだろう。数回噛み締めてから飲み込むと、濃密な酒粕の風味が鼻に抜け一瞬ひるむが、すぐにやわらかい甘みが舌の上にじわりと広がる。これはビールのサカナにぴったりだ。日本酒だと味が「かぶる」ので、やはりビールにして正解である。

e4.jpg

さて次はわさび醤油で食ってみよう。単調な酒粕の風味に醤油とわさびが加わると、ぐっと味の視野が広がる。それに酒粕にわさびと言えば、わさび漬けである。あれをちょこっと飯の上にのせて醤油をたらして掻き込むとしみじみと旨いものだ。その墨絵のように幽玄たるわさび漬けの世界に、ホワイト&イエローの目にも鮮やかな動物性タンパクというアメリカン・ポップアートが土足で上がり込んできて主役の座をうばってしまった感じだ。どんな感じだい?

e5.jpg

黄身にも酒粕がよく染みていて、こちらも酒粕効果で普通の卵よりねっとりと濃厚な口当たりである。さて本腰を入れてビールをぐびぐび、卵をちまちまやっていると、結局たまご1個でロング缶2本を空けてしまった。ま、それだけの話でございます。
posted by やきとり at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲食方面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうですなぁ。今度のみにいきましょう

三谷・変人・洋平も誘って。

僕はあんまりお酒強くないですが...
Posted by 黒木 at 2013年06月30日 23:09
黒木さんは都内ですか? 私と「変人」氏は電車で1駅のご近所です。私もめっきり飲めなくなりましたが、ぜひちびちびと飲りたいですね。プログレの話なんかを聞かせてください。
Posted by やきとり at 2013年07月07日 11:11
 お変わりありませんか?
 今日、イオンの酒屋で、非ブランドのうずら?卵の粕漬けを197円ナリで買いました。この記事を読んで羨ましく思っていたのですが、まずは紛い物で試してみようと思います。明日から、友人と登山なんで、講釈をまぶせばいいアテになるでしょう。
 またお会いできることを楽しみにしております。
Posted by L at 2013年07月31日 23:20
おお、うずらの方がツマミには向いてますね。えー「じゃがいも」のコメント欄でも書きましたが、明日は山谷に行くかもしれません。もっとも浅草の煮込み通りで討ち死にする可能性も捨てきれませんが(笑)。
Posted by やきとり at 2013年08月10日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367297140

この記事へのトラックバック