2013年09月29日

秋の日記

9月29日(日)快晴

ここ数年、休日でも朝5時に目が覚めてしまう。ただし、今日は朝酒は抜き。洗濯、掃除、食器荒いをチャチャッと済ませて、2週間かけて少しずつ逮捕・立件してきたCDたちに、判決をくだす作業に入った。死刑、死刑、死刑、死刑、死刑・・・さわやかな秋晴れの朝、続々と極刑が言い渡されていく。今回の私は容赦ない。いつもの人権派の仮面ををかなぐり捨て、鬼判事の正体を現したのだ! やきとりよ、おまえはおそろしい!


IMG_0005.JPG

てなわけで、ジャズ、ポップス、ブラジル、サントラ、音響、自然音と、今回はテーマなしで手当たり次第、99枚に死刑をくだした。それらをスーパーのナイロン袋と肩掛けかばんに分けて詰めて、ユニオンに向かう。もちろんディスクユニオンは「買取20%UPキャンペーン」中である。お昼に到着して、ユニオンの店員「んー、枚数が多いので15時までお時間を頂いてよろしいですか?」「ああ、いいですよ」うーん、あと3時間か。どこで時間をつぶすかな。まずユニオンの棚を1時間かけてチェックしてから、ひとまず店を出る。

IMG_0004.JPG

津田沼イオンモールにある小さなタワレコをひやかしても、まだ13時半。そういえば今日は何も食っていないので、腹ごしらえでもするかと、イオンモールの近くにあるサイゼリアへ。ランチタイムのピークは過ぎたとはいえ、まだまだ大混雑だ。案内された狭い席につき、生ビール、デカンタ赤(500ml)、ミックスグリル、ほうれん草ソテーを一気に注文して一息つく。辺りを見回すと、中高生ばかり。一番多いのが「女・女」の組合せ。2位以下は「男・女」、「女・女・女」、「男・男」の順番。繰り返すが全員中高生。

昼休みの学食でオッサンひとり酒盛りしているような居心地の悪さを感じつつ、出てきた物を粛々とたいらげる。しめて1508円。ちょうど15時を過ぎていたのでユニオンに戻り、精算してもらう。キキメが入っていない割に、まあまあの査定額になった。帰りにいつもより格上のスーパー(ダイエー)に立ち寄って購入した「さわら西京焼」と「しめさば昆布造り」で、いま飲んでいる。あと、そろそろ湯豆腐が煮える頃だ。まあ、それだけの話でございます。

IMG_0001.JPG


posted by やきとり at 19:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。あと1勝は、やはり難しいですね。まあ、去年のことを思えば、CSに出られるのですから、”ビバ、伊東監督!!”であります。
 さて、http://ch10670.seesaa.net/article/376125659.html#comment  なるものを読んだのですが、やきとり様の出来の悪いパクリですね!!小生は、このブログに触発されたと見ます。やきとり様がビジネスモデル特許を押さえていれば、良い小遣い稼ぎが出来たに違いありません。
 彼はなかなかの手練らしいし、金にならない、いや払って書く意欲なのに、全く「残念!」な出来です。
 あらためて、やきとり様のセンスと勉強、推敲の努力に恐懼しておりまする。
 では
 
Posted by L at 2013年10月11日 00:54
おつかれさまです! ひとまず昨日の第一戦で「打ち止め」にならないことを祈るだけですね。それからリンク先がここになってますが、まあどんなブログか分りませんが、私のブログなどパクっても、何一つメリットなんて無いと思いますYO!
Posted by やきとり at 2013年10月13日 12:06
 うう、お恥ずかしい。。。。壊れてますなあ。素直にコピペすればよかった。http://www.labornetjp.org/news/2013/1011makiko

グランパ礼賛
 「牧子嘉丸のショート・ワールド」第2回(2013.10.11)
           

A それにしても、今度の17年ぶりの消費税増税はうまくいったね。これぞまさに連携プレー。おまけにマスコミは歴史的会見なんてヨイショしてくれるし。

B 最初から出来レースなのに、二ヶ月間も激しい攻防があったなんて吹きだしちゃうね。このぶんじゃ10%なんてちょろいもんよ。

A 私は、あなたがまたなんか失言するんじゃないかとヒヤヒヤしてたんだけど。でも、いつもそうやって口をへの字に曲げて、喋らないようにしてたんだ。

B これはもとからなの。あなたのほっぺがたるんでるのと同じよ。

A 失礼。しかし、失言のないあなたなんてクリープを入れないコーヒーみたいじゃない。

B (フルすぎーだちゅうの。)いやこの前のナチス発言で懲りちゃってね。

A でも、世界の政治家であんなこと言うのは、前の都知事かあなたぐらいなもんでしょ。

B いやどうも、ありがとうございます。

A 汚染水を隠してオリンピック招致に成功、やらずぶったくりの消費税も思惑どうり。あとはTPPに原発再稼働。最後の仕上げは九条だけ。ここはおっしゃるとおり、こっそりひっそりとナチスに学ばなきゃね。さて、問題はその次なんだが。

B そりゃ漢字のゼンパイでしょ。漢字をなくせつーの。あれ以来、トラウマになってんだから。原発なんかより漢字こそ即ハイドだ、、。何、あれハイロと読むの?

A まあまあ。でもこうしてお互い権力握ってここまでエラクなれたのは、なんだかんだ言っても、やっぱしグランパのおかげだね。私の祖父は、昭和の妖怪なんて呼ばれた政界の黒幕で、戦犯としてもA級、アメリカにはサンキュウーの人生でした。

B たしか、妖怪人間ベムも遠い親戚だったとか。

A まさか。しかし、いつもながらあなたの発言はホントに人間ばなれしてますね。

B いやー恐れ入ります。漫画とコミックしか頭にないもんで。

A それから祖父の弟、私の大叔父なんだが、これまたケッサクな人物でね。国民からエーチャンなんて呼ばれたいなんて言い出して。

B そうそう。それをマネたのが矢沢のエイチャンなんだ。

A まあ、アメリカのベトナム戦争には加担するは、沖縄を密約で売り飛ばしちゃうはで、どちらも兄たりがたく、弟たりがたしでした。

B たしかノーベル賞を貰ったんだったね。

A それも平和賞。あれが世界的ブラック・ジョークの最高記録としてギネスに書かれてます。まあ、そういう由緒正しいブラックな家系なんです。でも、その点ではあなたのグランパなんかも石炭を掘りまくって稼いだんだから、元祖ブラックだな。

B それはいかがなものかな。おたくの妖怪爺さんが満州をデッチあげたんで、あぶれた中国人や朝鮮人をうちの爺さんが雇っただけ。だから、手は真っ白で、金はガッポリ。

A よく共産党なんかが、アメリカの言いなり、財界・官僚の言いなりなんて僕たちを攻撃するけどさ、グランパの言いなりになってることも忘れないで欲しいね。

B そして何より、国民を騙す才能をちゃんと隔世遺伝して受け継いでることもね。

A 悪運の尽きることなしわが世かな、てとこだね。でもいつまでつづくかな。

B もちろん今だけでしょ。どうせダメになるんだから、でもそのときはこう言ってやってくださいよ。アイムソーリ、フクソーリって。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔著者紹介〕 牧子嘉丸(まきこ・よしまる)

「泥濘ー冬の日の森鴎外」で上林暁賞受賞。ラフカデイオ・ハーンの晩年を描いた「海の挽歌」や上田秋成の生涯をもの語る「秋成幻談」でコスモス文学賞受賞。以上は著作「海の挽歌」(彼方社)に所収。また昭和最後の日に大杉栄の亡霊とともに反逆する魂を描いた「曇天」などを収めた幻の異色短編集「花づな」(彼方社)がある。レイバーネットの連載・掌編小説「ショート・ワールド」では、「ショートであっても世界を描きたい」と意欲満々だ。月1回程度を予定。 
Posted by L at 2013年10月15日 16:14
おはようございます! 夜だけど! いやはや、朝カレーから7安打しつつ、初戦はゼロ封を食らいましたな。成瀬もよく踏ん張ったと思うのですが、マリンガン不発ではどーしようもありません。

で、拝読しました。安倍さんと麻生さんの会話ですね。確かにギャグとしては全然面白くないですけど、過去の私のようにウケ狙いがすべてじゃないので、オールドサヨクのセンス的には、このレベルがピッタリなのでしょう。

キレイ事の「正論シュプレヒコール」を仲間内で繰り返しても、若者の支持は得られない。まあ、アメリカ様と自民党のやりたい放題は続きそうですね。てゆうか、政治とか原発とかTPPとか、もう本当にどーでもよくなっている私自身が、一番ダメなのですが(笑)。
Posted by やきとり at 2013年10月17日 23:31
とりあえず、一勝擧げましたね。朝カレーからは勝ちは期待できないので今日は獲りたかった。でも、土壇場で同点HRを食らった時は気が狂いそうになりました。マリーンズには、”無法特区タカ派ズ”をぶちのめして欲しいです。
 AxA対談、つまらないでしょ?第一回もつまんないですよ。思うに”ウケ狙いがすべてじゃないので、オールドサヨクのセンス的には、このレベルがピッタリ”という理由ではなく、この方、残念ながら、こういうの苦手なんでしょう。そこで地味なHPで習作を書いているっぽい。山下達郎が”自分は根っからの反体制派で反体制ロックをやりたい。でも、ポップスが好きで残念ながらそういう曲しか作れない”といっていましたが、彼もそういうことだと思います。
 やきとり様の”オールドサヨク”像とかさなるかわかりませんが、60年代末はエログロナンセンスの時代なわけで、漫画でも小説でもテント芝居でも芸術でもムチャクチャだったから、彼らが概して小奇麗で”正しい”ものしか受け入れられないとは言えないでしょう。このサイトには、結構毒のある表現、もあって面白いです。
http://18787.main.jp/fuushi/2012/2012fuushi.html
http://www.labornetjp.org/search?SearchableText=%BE%D0%A4%A4%C2%FB+&x=12&y=11
>キレイ事の「正論シュプレヒコール」を仲間内で繰り返しても
レモンちゃんの持ちネタで、毎回言っています。まだ私が聞いたのはまだ10回にはならないかな?
 正直、若い奴は状況が苦しすぎるし、数も少ないので未来ある存在にせよアテにはできないでしょう。官邸前も今は1500人前後で主流はオールド左翼、非正規ぽい若い奴はもうほとんどいないようで。
 新大久保には若い奴もたくさん来ていましたが、あれなんかある意味で実は、非”キレイ事の「正論シュプレヒコール」”を煽ったからあれだけ集まったと言えるでしょう。つまり、”在特会、ヘイトスピーチ、ヘイトデモという絶対悪”がある、これと戦うことは絶対正義であり、たとえ罵倒しても、良い行いであるという。ゲスな見立てをすれば、いじめに関わったとされるいろんな人たちが匿名の”正義の人”によってネットで曝され、電凸をくらい炎上するようなものです。この”正義の人”たちがやっていることは正しくいじめですが、匿名であるがゆえに、件のいじめ関係者よりさらにタチが悪い。
 在特一派がとんでもないのは自明であり構造的に反撃できない人々をネットとリアルでいたぶった自業自得であるし、同じ構造で反撃を食うのは痛快だけど、野間一派がいじめネット炎上の様式で俗情を煽って作り出し、よってあさってに動き出した運動を見るとき、よかったねとは思わない。”在特会、ヘイトスピーチ、ヘイトデモにだけ反対”というワン・イシューで集まった人々のなかには、主催も含め、程度が違うだけの在特的な思想の連中が少なからずいるのだから。これを見ていると、在特が在日をネタにし、カウンターが、全てではないが、在特をネタにして祭りをしているように見える。新大久保のヘイトデモの外では、彼らのこれほどの関心と動員はないのだから。まあ、特異な事例には反応するが自らの差別行為には無自覚で正しいと思っているということはフランスでもあるそうだから、死ぬほど特殊なことではないけど。
 こういうのを見ながら考えると、俗情への下衆い煽りはできないし(どうやったいいか、ちっともわからない)、アメリカ様と自民党の都合が悪い”キレイ事の「正論”は捨てちゃおしまいと思う。やきとり様の見立て通り”アメリカ様と自民党のやりたい放題は続”いてしまうから。

 さて、小ネタを一つ、松本哉さんがお店の外回り要員を急募だそうです。90分のカセットテープも急募だそうで。お互いに難しい点もあるとは思いますが、うまくいけば数年後にはバイトの村上くんのようになるかもしれません。
http://www.shirouto.org/archive/item/84
テープを持ってダベリに行ってみては?
 
Posted by L at 2013年10月19日 00:45
おはようございます! 今シーズンも終了してしまいましたね。あとは原発推進球団 vs 原発推進監督の争いを残すだけとなりましたが、まったく興味がわきません。

さて、ついグチってしまいましたが、これでは70年安保後の「シラケ族」と同じですね。何もしないくせに文句だけは言う、最悪な人たち。自己批判します! とはいえ「貧すれば鈍する」状態の泥沼から抜け切れない私でございます。

その点では、素人の乱関係の人びと、すごいなあと思います。どこからあの走り続ける(はしゃぎ続ける)エネルギーが出ているのかと、ビンボー人のくせに(笑)。で、本日は非番ながら、珍しく追い抜けのアルコールを回避できたので、これから職安に行って参ります。まあ気休めにしかならないのですが・・・。
Posted by やきとり at 2013年10月22日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。