2013年10月16日

ロッテ60

131014-2.jpg

1勝1敗で迎えたCS(クライマックスシリーズ)ファーストステージ3戦目。ロッテか西武か、今日勝ったチームがファイナルステージに進出し、首位楽天と戦う権利を得る。私はロッテ球団様の勝利を信じて、幕張大神宮へと駆けつけた。

131014-1.jpg
QVC行き直通バスもガラガラですわ。

とはいえ、しょせんPV(パブリックビューイング)である。PVとは何か? 実際の試合は埼玉県所沢市にある西武ドームで行われているわけですね。そこまで行く気力もカネもないロッテ球団様ファンが、地元のQVCマリンフィールドに集まって、一緒にロッテを応援しましょうという、大掛かりな「街頭テレビ」みたいなもんです。馴染みのホーム球場の席に座って、いつものように飲み食いしながら、バックスクリーンに映し出されるテレビ中継映像を見て、応援(一喜一憂)するわけですが、実際目の前のグラウンドには誰もいないと。昭和っぽく言えば「街頭テレビ」だが、平成の今なら「エア野球観戦」か。

131014-3.jpg
たとえばこうやって、いかにも試合やってるっぽいでしょ?

131014-4.jpg
実際は全員が巨大なテレビを見てるわけです。

もっとも入場は無料。唯一開放されたDゲート入口では、いつもの球場スタッフではなく、明らかにファン有志と思しき若者たちが「号外! 号外!」と叫びながら新聞のような物を入場者に手渡している。さらに「場内に缶ビールやペットボトルの持ち込みは禁止されてまーす!」と、紙コップへ移し替えるブースへの誘導まで行っている。入場無料のイベントに社員スタッフを動員するわけにもいかず、足りない人手を、ファン有志がお手伝いといったところか。ある意味「自治」であり、ある意味「ブラック企業」である。

131014-5.jpg
ロッテ球団様の党機関紙「スポニチ」が発行した号外的なパンフであった。

正直に告白しよう。前回の「ロッテ59」が、3月29日のオープン戦なので、すなわち今年、私は公式戦を1度も見ていないのである。ファンクラブ会員は継続しているものの、こんな私にロッテ球団様ファンを名乗る資格は無いのでございます。さらに正直に告白しよう。罪滅ぼしのために、実は昨日(13日)もここを訪れたのだが、ご存知のようにファーストステージ2戦目、ロッテは0-15で西武に完敗。あまりの屈辱に私は途中退場して、あろうことか帰りの総武線の中で撮影したデジカメのデータも全部削除してしまった(泥酔してたので覚えてないが、でもね、たぶん、きっと)。今朝、そんな自分の大人げない行動を猛省し、今日こそ本当の罪滅ぼし、勝っても負けても見たものすべてを皆様に報告しようと決意したのでございます! ホンモノのジャーナリズム精神が、私の中に宿った瞬間でございます!

131014-6.jpg
居酒屋「俺亭」オープンでございます! ジャーナリズム万歳!

1階席1塁側に位置する売店は、ほぼ営業していた。何はなくとも「フードコートCHIBA」の煮込み(600円)を買い求め、1塁外野方面にある「ヒーロー」で生ビール(600円)と枝豆(300円)を買い足してスタンドへ。内野は完全自由席。バックネット裏周辺はおおむね埋まっていたので、なるべく端の方がゆったりと座れる。2010年のPVの時より、観客は多い。まあ、あの時は雨が降っていたが、今日はとても気持ちのいい秋晴れである。

131014-7.jpg
60回もレポートしてるのに出てくる食い物はいつも同じ。保守反動万歳!

131014-9.jpg
半分ほど食ったら、カラをむきラップにくるんで持参したゆで卵をドボン。クリ拡でグロ画像注意!

131014-10.jpg
MCは、こなつお姉さんとまさなりお兄さん、ロッテOBの立川隆史氏。2010年と同じ面々。

131014-11.jpg
さらに、生馬アイザック氏が西武ドームから現地レポート。マリンでは出る度にブーイング。

さて試合。前日、前々日の乱打戦(ただし、どちらかが一方的な)とは打って変わり、先発の唐川は毎回ランナーを出しながらも、ゼロで抑えていく。一方のニセ・サブマリン牧田もやはりランナーを出しつつ得点は許さない。そんなピリピリとした私の大嫌いな投手戦の均衡を破ったのは、ロッテ球団様だった。鈴木大地、井口が、それぞれ5回、6回にソロホームランを放ち、ひとまず2-0とリードする。よし、あとはマリンガンが延々と炸裂し、ヘイトスピーチ(俗称:アウトコール)を繰り返す大人げない西武ファンを、完膚なきまでにションボリさせて欲しい。

131014-12.jpg
大地はホンマにええ選手やで。

131014-14.jpg
PV(パブリックビューイング)でVR(バーチャルリアリティ)。あと、そこに「助詞」を入れてえ。

6回まで2点の援護をもらった唐川だが、すぐウラの西武の攻撃で連打を浴び、無死3、1塁のピンチに立たされる。こういう場面での伊東監督の決断は早い。迷わずピッチャーを唐川から内くんに代える。思えば今年から始動した「伊東マリーンズ」は、バントの場面では必ず手堅くバント、継投の場面では迷わず投手交代と、スタンダードな采配をする監督だなあという印象を受けた。たとえば奇をてらうボビーと正反対だが、結果はともかくどちらにも面白さがあった。その意味では昨年までの西村采配がもっとも謎だ、いま思えば。

4.JPG
公衆の面前でずーっと桃色遊戯にふける若者。いますぐ憲法改正だ! 徴兵制だ!

さて、リリーフの内くんは素晴らしかった。150kmのストレートをズバズバと投げ込むが、浅村には犠牲フライを打たれてしまう。しかし西武の反撃はここまで。次の秋山はおあつらえ向きのダブルプレーで、最少失点に抑える。ところで「おあつらえ向き」って言葉、「野球解説業界」以外では完全に死語ですよね。そして8回、イニングまたぎの西武サファテが、先頭打者の岡田に死球を与えると、ここからキャプテン岡田の見せ場が来る。次の井口が三振に倒れると、西武ベンチは、ここで涌井を投入。いきなり盗塁した岡田は、銀次郎の悪送球もかさなり、3塁まで進む。打者の今江はフォアボールを選び、1死3、1塁の場面で、今日はヒットの出ていない5番・角中である。

131014-15.jpg
球界一の無愛想顔、WA-KU-I。美人クラブママに寝顔まで無愛想なことを暴露された。

が、角中は涌井の初球を見逃さなかった。比較的前進守備のセンターとライトの中間地点をキレイに抜けていく3塁打で、街頭テレビを食い入るように見つめるロッテ球団様ファンに応える。これで4-1と、西武を突き放す。勝利を確信した私は、売り子のお姉さんを呼び、プレーンチューハイ(400円)を購入。ちょうど紙パックの酒も無くなったことだし、ここでクールダウンと行こう。「あ、あ、ああ、あの、すすす、すみません。プ、プレーンを、プレーンのやつをひ、ひとつ、お願いします」「ありがとうございます! やっぱ角中すごいっすよねー!」「か、あ、ああ、え、す、すごいですよねえ」(チューハイを注ぐ10秒間は双方無言)「ハイ! 400円になりまーす!」「あ、ああ、ああ、ありがとうござい・・・」「ありがとうございました!」

131014-18.jpg
同じような天気でも昨日は寒かったけど、今日は暖かかったんだ。試合の流れのせいかもね。

売り子の女子大生は、私(45歳独身フリーター)のウィットに富み、エスプリの効いたオトナの会話に感激したのだろう。口元に微笑を浮かべながら、階段を下っていく。

131014-16.jpg
カックナカ! カックナカ! カックナカ!

131014-19.jpg
最後はもちろん球界一の面白い顔、MA-SU-DAの出番です。


ファイナルステージ進出を決めた瞬間のQVCマリン。いつもピンボケ動画を見せられて、おあいにくさま!

131014-22.jpg
というわけで、勝ちました。

131014-20.jpg
定点観測「マーくん勝利の泉」。今年優勝したら金メッキになるのかな?

131014-21.jpg
京成西船で見掛けたポスター。千葉4区の野田さんのライバル。どっちもどっちだよ。

posted by やきとり at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ロッテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自民党候補のポスター。今でも貼ってあってはがさないところをみると、貼らせてあげた人は、今でも、ウソつき政権はもうたくさん。そう思っているのでしょうね。
Posted by kuroneko at 2013年10月19日 21:39
政治家や政党が、選挙前の公約でウソをついてもOKになっちゃいましたね。日本の民主主義、終ってます。まあ、とっくの昔から終ってるんだけど、原発事故以降、ついに表面化したというか、なりふり構わずになっちゃったという感じでしょうか。やれやれでございます。
Posted by やきとり at 2013年10月22日 12:53
とても魅力的な記事だったと、ダイマツ以外には大好評でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 百田田樹 at 2013年11月06日 23:19
あ、マズった!
Posted by 百田田樹 at 2013年11月06日 23:29
■■■、■■■■■!!

■■■■■■■■?

■■■■■■、■■■■■(笑)。
Posted by ■■■■ at 2013年11月15日 08:08
情報公開法に基づき、墨塗り部分の開示を申請します。
Posted by 河■建■2億■千万ネ■■バ男 at 2013年11月15日 22:30
本ブログは特定秘密保護法に抵触するため、問題となる箇所は以降すべて「墨塗り」公開となります。あしからず。おあいにくさま。ごきげんよう。YES WE CAN! YOSHIMI@12 BAI-NARA!







てゆーかやはり、カ様でしたか! ごぶさたしております! 今シーズンはヤキューにココロが入らず、ホ様主催の紳士の社交場にも無沙汰した結果、何となく顔を出せなくなってしまい、鬱々と過ごした2013年でした。てなわけで・・・よし、明日はあちらで自己批判するぞ!
Posted by 政府官僚 at 2013年11月16日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。