2013年12月15日

会話(172)

A:あの人も、いよいよ窮地に追い込まれたね。

N:さんざん見苦しい釈明を繰り返してきたけど、さすがに、もう言い逃れはできないよな。

A:なにしろ国会会期中に北朝鮮を訪問したんだからね。

N:猪木じゃなくて、猪瀬の話をしてるんだろ!

A:アントニオ猪木は、北朝鮮では人気者らしいね。

N:金一族からも信頼されてるしな。たとえば日本政府とは別に、裏から横田めぐみさんの安否情報を訊き出してくれないかな?

A:元気ですかっ!!

N:それじゃ正面突破だろ。それより二転三転する猪瀬さんの釈明は、どう聞いてもおかしいよな。

A:作家とは思えない説明だよ。

N:作家としての猪瀬直樹は、もうとっくに終ってるぜ。

A:作家といえば百田尚樹だよ、これからは。

N:オマエの「おともだち」の1人だろ。NHKの経営委員にねじ込んだらしいな。あと、12月に入って、今年の流行語大賞が決まった。

A:今年は「ドラマの当たり年」と言われるだけに、TVドラマのセリフからいくつも選ばれたね。

N:「倍返し」とかな。

A:半沢直樹が「倍返し」なら、猪瀬直樹は「5000万円はお返しした」

N:猪瀬の話はもういいよ! あとは「じぇじぇじぇ」な。

A:若き通産官僚が、やがて自民党の代議士になり、悲願の原発政策を進めていくドラマだね。

N:何だよそれは?

A:『あまりちゃん』

N:なんで甘利さんが出てくるんだよ!

A:舌癌で息を引き取るラストシーンには泣けたね。舌舌舌(ぜぜぜ)!


N:不謹慎なことを言うなよ。そもそも甘利さんの場合、初期で発見されたから、ほぼ100%完治するよ。

A:甘利さんの舌癌も放射能の影響かな?

N:何でもかんでも、放射能のせいにするんじゃねえよ。それにしても今年の『あまちゃん』ブームはすごかったな。

A:ボクは大河ドラマの方が好きだったけどね。今夜の最終回が楽しみだなあ。

N:今年の大河ドラマといえば、激動の時代に、数奇な人生を送った女性が主人公だな。

A:飯島愛ね。

N:新島八重だよ! 本当は『八重の桜』なんか見てないだろ。

A:もうNHKを監視する必要は無いからね。

N:百田以外にも、オマエがNHK経営員にねじ込んだ連中は、みなオマエの「おともだち」ばかりだしな。

A:JT顧問の本田勝彦さんや、中島尚正さんが校長を務める海陽中等教育学校の副理事長で、JR東海の葛西敬之会長は、ボクの私設応援団「四季の会」のメンバーなんだよ。

N:ひどいもんだな。酷いといえば、稀代の悪法と言われる「特定秘密保護法案」も、全部強行でゴリ押し採決、成立させちまったな。

A:安心してよ。「防衛」「外交」「公安」「テロ」の4項目に限られているから、ほとんどこの法案を皆さんに適用するようなことはないでありましょう。

N:そうでもないぞ。たとえば「テロ」対策を理由に原発事故作業や汚染水の情報が出てこなくなる可能性だってあるぜ。

A:作業や汚染水だけじゃないよ。存在そのものがテロの標的にされる危険性の高い原子力発電所を「特定秘密」に指定する。

N:どういうことだ?

A:特定秘密だから、秘密のまま日本中に新しい原発をじゃんじゃん建設できるよ。

N:そんなことしたら地元住民やマスコミが大騒ぎするだろ。

A:そんなことしたら全員逮捕、懲役10年だよ。

N:ムチャクチャだな。それを言うなら、総理大臣だって過激派に命を狙われる存在だぜ。

A:総理大臣の名前、顔写真、プロフィールすべてを「特定秘密」に指定する!

N:それじゃ誰だか分んないだろ。総理会見はどうするんだよ?

A:すりガラスの衝立の向こう側でやるよ。ボイスチェンジャーで声を変えて「決められる政治! 自民党は正々堂々と政策を進めて参ります!」

N:説得力ねえなあ。それから流行語大賞につづいて、恒例の「今年の漢字」も発表になった。

A:今年は「輪」が選ばれたね。まずは復興の「輪」。

N:それとオリンピック(五輪)の「輪」な。

A:あとパラリンピック(片輪)の「輪」ね。

N:不謹慎なこと言うなよ!

A:石原慎太郎さんが徳田虎雄を見て「ああいう人ってのは人格あるのかね」と言ったらしいね。

N:難病と戦っている盟友の徳田さんにそんなこと言うわけないだろ。それにオリンピックの話をしてるんだよ。

A:招致プレゼンでは、タレントの滝川クリステルさんの活躍が大きかったね。

N:IOCの男性委員たちは、クリステルさんの美しさに魅了されてたな。

A:オ・ヤ・ジ・コ・ロ・ガ・シ、親父転がし!

N:字余りだよ! だいたい「オ」と「シ」しか合ってねえだろ。

A:やっぱり1年のブランクが・・・。

N:いいかげんにしろ。
posted by やきとり at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしのとこの常連さんは、自民党の都知事候補の、「イチオシは滝川クリステル」っていうんですけどね。

うーん。なんでもアリの世の中だからなあ。
Posted by kuroneko at 2013年12月19日 17:58
都議会の自公議員にも追い詰められて万事休す、とうとう辞めちゃいましたが、何だか後味が悪い気がします。しょせん小物の猪瀬さん、結局トカゲの尻尾切りで終わりそうですね。「資金に困らないように全部地盤を譲ってやったのに、なぜカネを借りに行ったのか分らない」などと、知らぬ顔の半兵衛を決め込む石原さんも、内心では戦々恐々だったかも。で、早く辞めてすべて幕引きにしてくれと、猪瀬さんにアドバイス。

ところでリベラル派から宇都宮さんを推す声がありますが、あの人じゃあどーも弱い。数年前、率先して「年越し派遣村」を仕切ったりと、もちろん立派な弁護士だとは思いますが、彼では当選は難しいでしょう。じゃあ誰がいいんだと言われても困るけど、きっと次も「タレント」でしょうな。まあ、滝クリでもいいんじゃないですか(笑)。
Posted by ■■■■ at 2013年12月22日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382754984

この記事へのトラックバック