2011年12月02日

小型スキャナーが欲しい

lapreda.jpg
LA PREDA/TEMPERA & BIXIO(Quartet)/2010

70年代のワケ分んないサントラやライブラリ音源を聴いていると、しばしば出会うのがニセ「愛のテーマ」である。バリー・ホワイトはおおらかな性格なのか、おそらく相当数が出回っているに違いない。ついでにニセ「シャフト」もよく見掛けるが、きっとアイザック・ヘイズも太っ腹なのだろう。さて、中古屋でジャケ買いしたCDの1曲目が、久しぶりのニセ「愛のテーマ」でニンマリとなった。

続きを読む
posted by やきとり at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

箱二題

box1.jpg
LIVE in Europe 1967/MILES DAVIS QUINTET(SONY)/2011

失業者のクセにBOXセットを2個も買ってしまい、もうしわけございません。まあ音楽を聴くくらいしか楽しみがない哀れなダサ夫でございます。どうかお許しください。

続きを読む
posted by やきとり at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

やっぱりギターが好き

mo.jpg
A GIRL AND HER GUITAR/MARY OSBORNE(Century)/1959

こちらはブログ主の私(老獪なブロガー焼鳥夫)が音楽の感想文などを書いて、日頃のストレスを発散する電脳空間でございます。ごきげんよう。あいすみません。さて、1921年生まれのメアリー・オズボーンは、チャーリー・クリスチャンの5歳年下だ。いくらアメリカでも、この時代の女性がギターを手にするチャンスは少なかったのではないか。ロックスターが出現する十数年前の話である。それまで伴奏用楽器だったギターでカッコ良くアドリブを繰り広げる黒人のクリスチャンを見た(聴いた)ティーンエイジャーのオズボーン嬢、おそらく一発でノックアウトされ、即ギターを始めたのかもしれない。渋い趣味だなあ。

続きを読む
posted by やきとり at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

エデンの園

eden.jpg
IL GIARDINO DELL'EDEN/STELVIO CIPRIANI(Qartet)/2011

80年前後に制作された日伊合作ソフトエロ映画シリーズ中の1本。以前紹介した『エーゲ海に捧ぐ』(79年)と、『窓からローマが見える』(82年)は共に池田満寿夫が原作・脚本・監督を務めるが、その間に公開された本作『エデンの園』(80年)のみ、増村保造がメガホンを執っている。
続きを読む
posted by やきとり at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

AYLER

 
アルバート・アイラーの生涯を描いたドキュメンタリー『マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー』。アイラーは1970年11月25日の早朝、NYイーストリバーで水死体となって発見された。享年35歳。いまだに死因はよく分っていない。ドイツ語(?)字幕なので何言ってんのかサッパリ分んないけど、動くアイラーの映像はグッとくるなあ。
posted by やきとり at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

HOWARD ROBERTS

roberts.jpg
THE MAGIC BAND II/HOWARD ROBERTS(V.S.O.P)/1968

こちらは活動家のデモ報告ブログではございません。薄汚いオッサン(失業者)が音楽の感想文などを書いて、日頃のストレスを発散するブログでございます。どうぞ皆様、よろしくお願い致します。

続きを読む
posted by やきとり at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

錦糸町へ

sj0.jpg
日曜日の錦糸町駅北口。

行ってきました、すみだジャズストリート2011。錦糸町から押上界隈まで巻き込んで、墨田区をジャズ一色に染め上げるという真夏の2日間。どっこい私が訪れた21日は、朝から小雨模様で半袖シャツだと肌寒いほどの陽気。駅前の特設テントでお姉さんからパンフレットをもらう。

続きを読む
posted by やきとり at 17:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

CD裁判

guilty7.jpg
8月前半は大規模なCD裁判を行った。毎日少しずつ死刑判決を出し続け、合計約180枚、大きめの紙袋2つとカバンに詰めてユニオンに持ち込んだのが8月15日。お盆休みで持ち込みが多いのか、査定は19日まで掛かると言われた。こんなことは初めてだが仕方ない。

続きを読む
posted by やきとり at 11:30| Comment(9) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ソフトフォーカス

benson.jpg
LIVING INSIDE YOUR LOVE/GEORGE BENSON(WB)/1977

かゆい所に手が届くようなトミー・リピューマのプロデュース、クラウス・オガーマンの夢見るような弦アレンジ、ロニー・フォスター、ホルヘ・ダルト、フィル・アップチャーチ、ラルフ・マクドナルドら腕利きのミュージシャンの手堅いオケ、そして歌心の塊ベンソンのギターが出会って生まれた76年の『ブリージン』は確かに名盤だと思うが、さすがに食傷気味だ。

続きを読む
posted by やきとり at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

わたすの

toshiko.jpg
トシコ旧友に会う/秋吉敏子(THINK!)/1961

24歳で渡米した秋吉敏子が60年代に一時帰国した際、旧友たちと録音したアルバム。

続きを読む
posted by やきとり at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする