2014年03月31日

4年前は300円だった。

20140331.JPG
明日からマイル・・・じゃなくてメビウスライトも、410円から430円に値上がりする。仕事帰りに寄ったスーパーで、せっかくだから1カートンくらい買い置きしておくかと思ったものの、1箱だけにした。なにしろあればあったでスパスパ喫っちゃうから、消費増税分を差し引いても、結局カネが掛かるのだ。同じ理屈で、私は缶ビールも買い置きはしない。やっぱりね、あればあったで飲んじゃう。たとえば晩酌後、「あー今日もたらふく飲んだな。さて風呂でも入って寝るか」となるでしょ。のんびり風呂に浸かってから上がると、もちろん咽喉が渇いてるから「そう言えば冷蔵庫でビールが冷えてるな。あと1本飲んでから寝るか、プシッ!」と、やっぱりカネが掛かるのです。まあ嗜好品に限らず、明日からはなるべく物を買わないようにして、安倍政権と日本経済を転覆させてやりましょうや、ご同輩。
posted by やきとり at 21:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

100,000万年後の安全


「原発に反対してるのってサヨクでしょ? 実は俺、よく分んないんだけど、世の中フツーに原発の電気使ってるし、それに古くは中曽根さんから、第1次安倍内閣の経産大臣だった甘利くんまで安全だって言ってたし、経産省や電力会社も「5重の壁」とか太鼓判を押してるし、大丈夫でしょ。まあね、それより何よりアメリカ様には逆らえないわなあ」みたいなスタンスだった、かの小泉元首相をして心変わりさせた映画『100,000年後の安全』が、都知事選の期間だけ限定無料配信中。
posted by やきとり at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

動画

posted by やきとり at 17:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

夜のNHK

12月28日の話である。

21時前、アパートに帰宅したら暗闇の中、隣(5年前に仕事をリタイヤした小林さん・女房子供なし)の部屋の前をこそこそと嗅ぎ回っている怪しい男(30代半ば)がいた。「すわ泥棒か」と、自分の部屋の前に立ってそいつを睨みつけると、腰をかがめて寄ってきて「こちらの部屋にお住まいのダンナさんですね。あ、NHKです。いまテレビを視聴できる機器の調査を行っています」と言う。

なるほど、郵便局で使っている物より余程複雑で意味ありげな携帯端末を首から提げているが、社員証や、身分証明書等の提示は無い。私は即答「テレビなんかずーっと昔に捨てたよ」「あー、ではワンセグとか視聴可能な機器はお持ちでは」「パソコンは持ってるけど10年近く前のやつだし見れないよ」「あとケータイとか」「ケータイは一昨年、仕事で仕方なく買わされただけで、アイ?モード?とかも契約してないし、俺は世捨て人というか、世から捨てられた人?みたいな?まあ変な人間だから、テレビもケータイも大嫌いなんですよ」「あー、そうですか・・・では、こちらのお部屋にはテレビが受像できる機器が無いということで、登録させていただきます」「登録って何?」

「いや、はい、あの」「だいたいNHKって安倍晋三の言いなりでしょ」「あ、ああ・・・」そこで男は「はい・・・確かに・・・」と少し黙る。「マスコミなんだからさ、権力をマトモに批判してくれればテレビも買うしNHKも見るし、もしかしたら受信料も払うよ。見てないから詳しく知らないけど、いまのNHKって、まるで大本営らしいじゃん」「・・・はあ」「まあ、あなたもバイトでしょ。俺もバイトだけど」「はい」「帰ったら偉い人に言っといてよ」「あ、分りました」男はペコリとひとつ会釈してから、首に掛けた端末を何やら操作しながら立ち去る。あれはドアの前で音を聞いてきたんだろうな、部屋の中からテレビの音が聞こえるかどうか。まあ、そんなことより明日も忙しいし、早くイッパイ飲って寝ないと。部屋に入るとドアの内側に、さっきの男が投函したと思しきチラシが落ちていた。
posted by やきとり at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

秋の日記

9月29日(日)快晴

ここ数年、休日でも朝5時に目が覚めてしまう。ただし、今日は朝酒は抜き。洗濯、掃除、食器荒いをチャチャッと済ませて、2週間かけて少しずつ逮捕・立件してきたCDたちに、判決をくだす作業に入った。死刑、死刑、死刑、死刑、死刑・・・さわやかな秋晴れの朝、続々と極刑が言い渡されていく。今回の私は容赦ない。いつもの人権派の仮面ををかなぐり捨て、鬼判事の正体を現したのだ! やきとりよ、おまえはおそろしい!


続きを読む
posted by やきとり at 19:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

悪夢

k23.jpg

美しい国・日本、56年ぶり2度目のオリンピック開催、おめでとうございます!
posted by やきとり at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

温泉

「たたかれるわ、商標はダメだわ…」自虐的にPR 大分県が「おんせん県」CM制作(西日本新聞)


「おせん県」の商標登録を国から認められなかった福島県が、秋の行楽シーズンを前に「おせん県」をアピールするテレビCMを制作した。「汚染地は福島だけじゃない」と各地から苦情を受けたことを逆手に取り、出演する県民が「まぁたたかれるわ、商標登録は取れねで、もう『漏らしで、垂れ流しでFUCK-SHIT-YO-MA! 県』」と自虐的にPRする内容。福岡や関西のテレビ局で9月からもちろん放送されない。

福島県によると、昨年10月、放射能の流出量日本一などを理由に、特許庁に商標申請したが、同庁は5月、他県が過去に「汚染県」の表記を使用したことなどを理由に申請を却下。だが「おせん県」の使用は妨げられなかったという。

CMは大手広告会社「電通」と提携し、約80人の県民が登場して有名ラジウム温泉地の浪江や大熊町など県内15カ所で撮影。「汚染県って言っちゃいましたけん!」の文字が大写しになり、桃やサンマ、戻りカツオといった地元産品や海の幸も売り込む。

本編は10本。既に動画サイトで予告編を公開し、9月4日から福島、同15日から郡山などで本編各6本の放送を始めない。広瀬直己東電社長じゃなくって、電力会社と仲が良い広瀬勝貞大分県知事、「福島を売り出すのにほんのりとした味とかその他色々な物が出ている。県民の皆さんも私たち原子力マフィアも見事な役者ぶりです」と、関係ない九州からエールを送っているらしい。

posted by やきとり at 23:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

動画

原子力戦争(1978)
 
映画の舞台は浜岡だが、45分40秒過ぎに挿入される「アポ無しゲリラ撮影」シーンは、福島第二原子力発電所正門とのこと。
posted by やきとり at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

備忘録

posted by やきとり at 23:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

都会の避暑地

学生時代、お盆が近くなり友人がそれぞれ帰省してしまうと、私はヒマを持て余した。エアコンなど無い四畳半の下宿は朝夕問わず、サウナ風呂状態である。そこで山手線の始発が動き出す時刻を狙って、まだ薄暗く、ごくたまにタクシーが行き交うだけの早稲田通りをとぼとぼと歩く。手にしたビニール袋の中にはセブンスター1箱と100円ライター、文庫本が5冊。熱帯夜未明のねばつく空気の中を泳ぐようにして高田馬場駅に着くころには、全身汗みずくである。さっそく120円の切符を買い山手線に乗り込むと、たちまち額の汗がひいていく。ああ涼しい。時間が早いので、車内は閑散としている。端の席に腰をおろし、まずホームの自販機で買った缶コーヒーを飲むと、ようやく人心地つく。

お盆の間、私はエアコンの効いた山手線の中で1日中、本を読んだ。東京から人がいなくなるので、ラッシュアワーも無い。元々電車の中というのは読書がはかどる場所だし、車窓に広がる真夏の光景に時折目をやりながら、涼しい車内で本を読むのは快適だった。すこし寒くなってきたらどこでもいい、灼熱のホームに降りてタバコを吸う。まだ国電のホームでタバコが吸える時代だ。悠々と一服くゆらしてから、次にやってきた山手線に再び乗り込む。腹が減るとキオスクで買ったパンをホームのベンチで食った。カネに余裕があれば、池袋か品川の立ち食いそば屋で、かけそばか月見そばを食った。外回りに飽きたら内回りに乗り換えて気分をかえる。そうやって、山手線の軌道をぐるぐると回り続けた。

そんなある日、高田馬場駅で先輩が乗ってきた。「おう、やきとり。どこ行くんだ?」「はあ、どこに行くわけでもなくて」私が事情を説明すると、先輩は「馬鹿だなあ」と笑った。「これから映画を見に行くんだけど、一緒にどうだ?」先輩は、当時封切中の『ラスト・エンペラー』を見に行くという。映画代を出してくれるというし、連日の読書にも飽きていたので、私は先輩に付き合うことにした。新宿の映画館はエアコンに加え、当然ではあるが、シートの座り心地が山手線とは比較にならないくらい快適だった。「やっぱり電車の中より、居心地がいいですねえ」と、素直に感想を述べると、先輩はまた「馬鹿だなあ」と笑った。

映画がはねてからコマ劇場ウラの小さな居酒屋で、2人で酒を飲んだ。その店にはエアコンが無く、その代わり狭い店内のあちこちに置かれた煤けた扇風機が、甘ったるいモツ焼きの匂いのする空気を必死で掻き回していた。汗をかきながらチューハイを飲みモツ焼きを食う。それはそれで最高なのだが、「帰りに山手線をもう1周してから下宿に戻ります」と言うと、「よし、俺も付き合おう」と先輩はまた笑った。
posted by やきとり at 10:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする