2011年07月15日

節電

2011.7.15 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

癒着

2011.7.10 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 12:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

プルトニウム元年



続きを読む
posted by やきとり at 22:10| Comment(14) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

労使

2011.6.18 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

地下

2011.6.10 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 20:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

原因

2011.6.1 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

GPの調査結果

環境保護団体グリーンピース(GP)が宮城、福島、茨城で独自に行った海産物の放射能汚染度調査を発表した。日本政府はGPによる調査をなぜか拒否し続けているので、地元の漁師やサーファーたちの協力を得て検体を手に入れたそうだ。なぜ調査を拒否するのか? 何かうしろめたいことでもあるのか? GPが配布した資料から、数値の部分だけ抜き出してみた(クリックで拡大)。驚くべきことに21種類中、14種類の検体から、基準値超え(赤字)の放射性物質が検出されている。

gp.JPG

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110526_MarineResearchpresentation.pdf (オリジナル資料pdf)
posted by やきとり at 12:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

行政監視委員会

23日に参議院行政監視委員会で行われた参考人質疑に小出裕章氏、後藤政志氏、石橋克彦氏、孫正義氏が招かれた。4人とも揃って脱原発の立場である。たしかに画期的な事だと思うが、現在の悲観的な状況を考えれば遅きに失した。質疑の模様については参議院インターネット審議中継のバックナンバー検索で観られるが、コチラのUstreamアーカイブの方が手っ取り早く視聴できる。



この委員会を取材した大阪MBS記者のレポートが興味深い。ふだん3、4人しか入らない傍聴席が満席になったそうだ。しかも傍聴席には15人程の原子力安全保安院(ナント寺坂信昭保安院長が直々にお出ましに!)や経産官僚が陣取っていたとのこと。すなわち自分たちを監視チェックするための委員会を逆監視するという、正気の沙汰とは思えない所業である。

さらに監視委員会の理事の1人(民主党)が始まる前に、「もしかしたら官邸からストップが掛かるかもしれない」と漏らしていたそうだ。また、監視委員会の末松信介委員長(自民党)は、終了後に党の執行部に呼び出され、「何であんなの呼んだんだ?」と詰問されたとのこと。それにつけても知れば知るほど、見れば見るほど、原子力が科学などではなく宗教であることがよく分る。
posted by やきとり at 12:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

経産省が東京新聞記者を出入禁止に

ニュースの深層 5月20日(金)「枝野批判」オフレコ発言をすっぱ抜かれ、今度は東京新聞記者を「出入り禁止」にした経産省の「醜態」広報室長は直撃にひたすら沈黙

「現代ビジネス」に連載されている長谷川幸洋・東京新聞論説委員のコラムが熱い。すでにご承知の通り、経済産業省は安全を無視して原発を推進した挙句、多くの日本国民を被曝させた人殺し集団だが、あろうことか言論を封殺しようと相変わらずウラで汚い手を使っていることが明らかになった。こんな連中に原発事故の収束を任せていると考えただけで、暗澹たる気分になる。これまでの経緯は以下。
posted by やきとり at 11:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

操作



2011.5.12 東京新聞「こちら特報部」より

110512-1.JPG

110512-2.JPG

続きを読む
posted by やきとり at 16:03| Comment(78) | TrackBack(2) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする