2011年03月19日

予言


アニメ「源八おじさんとタマ」の第5話がyoutubeにアップされたのは2011年2月12日のことだ。そしてここで語られている「予言」は、残念なことに1カ月後に現実のものとなってしまった。原子力を使ってまで維持する生活レベルなんて、もはやあり得ない。世の金持ちどもに告ぐ。オール電化とやらの快適な生活をヤメますか? それとも人間ヤメますか?

源八おじさんとタマ001

源八おじさんとタマ002

源八おじさんとタマ003

源八おじさんとタマ004
posted by やきとり at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

やつら


上杉隆さんがTBSラジオ「キラ☆キラ」を降板させられたようだ。どうやら本日の放送で「TEPCO」(東京電力)を批判したのが原因らしい。生放送から数時間で降板を決める東電の対応の速さは、福島原発への対応と大違いである。しかもこんな非常時でさえ、メディアに目を光らせている東京電力という企業の気持ち悪さを露呈する結果になった。全世界が注目する大事故が起きている最中も、「やつら」は確実に「次」を見越して蠢いている。

そして蛇足ながら、大スポンサー東電の圧力に簡単に屈したTBSラジオは、マスメディアとして完全に死亡した。TBSラジオよ、さようなら。

(追記)
MasaruSさんから頂いたコメントで、上杉氏降板の原因は3月15日の放送ではないことが分りました。平野博文元官房長官と官房機密費に関する「ネコババ」発言が、本当の理由のようです。いずれにしても政治家の抗議で萎縮するばかりか、その思惑を忖度して過剰反応してしまうメディアの対応は間違っていると思います。

(追記)
@okamurahajimeさんによると、上杉氏が週刊ポストで「降板は東電を批判したせいだ」と語っているそうです。私はポストを読んでいませんが、事実なら「ネコババが原因」は表向きの理由になり、官房長官を務めた与党政治家ですら、東電のスケープゴートに使われてしまうということです。東電の闇はどこまでも深い。
posted by やきとり at 23:59| Comment(15) | TrackBack(1) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

こうなったらもう

こうなったらもうチェルノブイリ級の大事故になればいい。

そうでもしないと「やつら」は原発利権を死守する手を休めようとはしないだろう。

死に至るほどの被害をこうむるのは現場の作業員たちで、「やつら」は安全な場所で金勘定をしているだけ。




先の戦争とまったく同じ構図である。

そして、その構図を終らせるものがどちらも「核」だとしたら、これほど皮肉な話はない。
posted by やきとり at 11:24| Comment(41) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

計画停電

明日14日(月)に東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、群馬、茨城、山梨、静岡の9都県で、計画停電が実施されます。6時20分から22時00分まで各県を5グループに分けて、それぞれ3時間程度停電するそうです。新聞各社のHPに、停電エリアと実施時間のリストが掲載されています。

http://p.tl/QBig(朝日・pdfファイル)

http://p.tl/0r4M(読売)

(追記)東電は対象区域の信号機も停止すると発表。JRや私鉄各社は検討中だが、運休する可能性もあるとのこと。さりげなく恐ろしいことが行われているような気がしてきた。

http://p.tl/3A4W(日経)

(追記)第1グループと第2グループだけは朝晩2回の停電があるようだ。リストを見ると2つのグループはベッドタウンが多い。逆に東京23区は停電しないようだが、おそらく経済活動を優先した線引きなのだろう。JR・私鉄各社は、それぞれ特別ダイヤ、間引き運行もありえると発表している。詳細は鉄道各社HPにて。ただし各社とも相当混乱しているのが分る。

(追記)読売によると23区も対象区域に入ったそうだ。上掲、読売オンラインのページが更新されている。逆に朝日のpdfは見られなくなっている。

(追記)三越・伊勢丹ホールディングス、大丸、高島屋、そごう、イトーヨカドー・グループ(セブンイレブンは除く)は、14日の営業時間を短縮するなど、計画停電への対策を発表したそうだ。詳細は各デパートHPにて。各社それぞれ対応が違うそうです。
posted by やきとり at 22:00| Comment(21) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

安全、クリーン、エコ


野良猫さんがコメント欄で紹介してくれた、福島1号原発の爆発事故を報じる英BBCの映像。ラジオの他に私はUstreamでテレビ放送をチェックしているが、爆発の瞬間の映像は初めて見た。つまり少なくとも日本国内では、この映像は検閲されているということだ。「いたずらに不安を煽ることは避けるべき」とは、年金問題の時の安倍晋三のセリフだが、この後に及んでそんなノンキなことを言っている場合ではない。広告費漬けで批判を封じ込め、あろうことか「安全、クリーン、エコ」などと真っ赤な嘘を垂れ流す東京電力、経産省官僚、自民党、電通、テレビ局、内田”でんこ”春菊は明日未明に全員死ねばいいのに。てゆうか風向きによっては福島県民どころか、首都圏全体が被曝するっつーの。まあ金持ちは安全地帯にいるから大丈夫なんだろな。
posted by やきとり at 23:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

うんざり

前原さんが外相を辞任した。一方、国会で献金問題を暴露した自民党の西田昌司議員にも、別の胡散臭さを感じる。つまりこの人は、通名で生活している焼肉屋のおばちゃんの背後をコソコソと嗅ぎ回ったわけだ。確かにいくら日本で税金を納めていても在日は外国人であり、外国人からの献金は法律違反なのだろう。しかし暴力団からの献金は返却すれば許されて、在日からの献金はもらったら即アウトって何か変だ。おっと、前原さんは両方だっけ。

今回のことで前原さんは辞める必要は無かったと個人的には思うけど、対米隷属でアジア外交を軽視する外務大臣の首が飛ぶのは国益にかなうのも事実。二律背反ブーラブラというところだが、基本どーでもいいや。菅政権には何も期待してないしね。しかし臨時代理に「悪しき隣人」発言でお馴染み、枝野さんを指名する菅さんのセンスの無さは、まあ今さら嘆いても仕方のないことか。

それにしてもZAKZAKのこの記事にある「前原氏の父方、母方の家系を4代さかのぼって徹底調査したメディアもあった」という下りを読むと、暗澹たる気分になる。だいたいそのメディアって、どーせ自分たち(産経)のことでしょ? メディアや政治家が政敵の献金者名簿をコソコソ調査して、「朝鮮人が井戸に毒を入れたぞ!」と言わんばかりに騒ぎ出す日も近いかもしれない。そんな時代への揺り戻しが始まっているとしたら・・・うんざりだ。
posted by やきとり at 15:05| Comment(21) | TrackBack(1) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

綱引きから徒競走へ

yahooヘッドラインに「法人税の5%下げ 自公が反対へ」という見出しがあった。「ほう、ついに自民党も経団連に楯突くようになったのか」と記事全文を読むと、何のことはない「5%じゃ足りない、もっと減税しろ」と言っているのだ。野党時代の民主党は、暴走する自民党と綱引きをすることで、野党としての機能をかろうじて果していた。しかし与党となった民主党が事実上自民党化してしまった現在、二大政党は同じ方角に向って駆け比べを始めているらしい。どちらが大企業や官僚やアメリカに、より従順な政党かを競い合っているのだ。だからと言って「維新」などというオヤジ臭い言葉を大仰に掲げる人びとにも、たまらなく胡散臭さを感じるのだが。
posted by やきとり at 11:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

勉強バカ

nikkei.JPG

私はこのUst中継を最初から最後まで見ていたので言えるが、この日経の記事は真っ赤なウソである。誤報ならまだ良いが、間違いなく悪意を込めて書かれた記事だ。本当は記者クラブ用に12席が用意されたが、まずは名前を名乗ってくれとお願いしたところ、じゃあ入りませんと記者クラブメディア側が固辞したのが真相である。この記事で特に面白いのが「新聞やテレビ、通信社などの記者は出席できなかった」というウソの記述。つまり「共犯」だということを自ら暴露しているわけだ。まあこれで、連中が死守したい既得権益を脅かすネットメディアを心底憎悪・敵視していることがよく分った・・・と、思ったら、さすがにマズイと考えたのか、いつの間にか記事が差し替えられていた。

nikkei2.JPG
まあどちらが正しいことを言っているかは、「自由報道記者クラブ(仮)」での実際の会見の映像を見て判断してください。

110127 小沢一郎元代表会見
posted by やきとり at 01:50| Comment(10) | TrackBack(2) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

隷属2

2011.1.26 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 18:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

隷属

2011.1.20 東京新聞「こちら特報部」より

続きを読む
posted by やきとり at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする